• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「先祖返りした韓国」を見切る米国

読者からの質問に答えて(15)

2014年6月26日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

原文と異なる日本語版の記事

韓国で語られ始めた「非同盟中立論」には驚きました(「『フィンランドになりたい』と言い出した韓国」参照)。その後、親米派からの反論はあったのですか?

鈴置:韓国の主要メディアを見た限りでは、寄稿が掲載されて2週間たっても反論は出ませんでした。

 ただ、米中対立が深まる中での韓国の微妙な立ち位置に関しては、アジア専門家のマイケル・グリーン・ジョージタウン大学准教授も中央日報に興味深い論文を載せました。

 掲載は「中立化論」の2日後でしたから、それに触発されて書いたわけではなさそうですけれど。

日本語版で読みました。「韓国は大陸国家だろうか、それとも海洋国家だろうか」(6月11日付)ですね。

鈴置:それです。ただ、日本語版と、そのもとになった韓国語版は肝心な部分が削られています。そこでおおもとの英語版――見出しは「Korea in the middle」――の骨子を以下に訳出します。

中国の猛烈な圧力受ける韓国

  • 5月に上海で開かれたアジア信頼醸成措置会議(CICA)は、もともとはカザフスタンが提唱して1999年に始まった。休眠状態にあったが、米国を中心とした太平洋の海洋同盟の強力なネットワークに対抗するため、中国が手に入れ今年、主催した。
  • この会議の前に「アジアから国の連合や同盟をなくそう」との文言の入った共同声明に署名しろ、と韓国は中国から大変な圧力を受けた。
  • アジア大陸の米国の同盟国は中国の圧力に従ったが、韓国は拒絶した。結局、中国の要求と原案は日の目を見なかった(代わりに、習近平主席が基調演説で「同盟なき新たな安全保障」を示唆した)。
  • 朴槿恵(パク・クンヘ)大統領がアジアの国の中で習近平主席と最もいい関係を持つことは、韓国にとっていいことだし率直に言って米国にとっても有益だ。
  • だが、この地域での米国の同盟網の正統性に挑戦する声明に、韓国が署名に応じるはずだと中国が見なしたことはいいことではない。……(A)
待望の第3弾 好評発売中! 増刷出来!
Amazon「朝鮮半島」カテゴリ1位獲得/
楽天ブックス政治部門1位獲得
「踏み絵」迫る米国 「逆切れ」する韓国

「従中」へ動く韓国。それに苛立つ米国は
4月、オバマ訪韓で「踏み絵」を迫った。
その先に見える、新たなアジアの構図とは?


中国に立ち向かう日本、つき従う韓国
中国という蟻地獄に落ちた韓国』の著者が
待望のシリーズ第3弾、4月22日発行。
全国書店にて好評発売中!

コメント22件コメント/レビュー

記事の中で「米国が主導する世界では、自分よりも日本が上に扱われていると韓国人は考えてきました。もし、中国が主導する世界になれば、韓国の方が上になるという確信があります。」…と言う部分には納得しました。確かに「いくら頑張っても日本に勝てない口惜しさ」が、反日の根底にあったのでしょう。所詮、韓国は中華思想の中でしか自国の存在価値を見いだせない哀れな国家・国民であることが良くわかりました。海を隔てた日本より、地続きの支那大陸の方が何かと便利でしょうから、韓国とは”今生のお別れ”にした方がWin-Winの関係になるでしょう!(2014/07/03)

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「「先祖返りした韓国」を見切る米国」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

記事の中で「米国が主導する世界では、自分よりも日本が上に扱われていると韓国人は考えてきました。もし、中国が主導する世界になれば、韓国の方が上になるという確信があります。」…と言う部分には納得しました。確かに「いくら頑張っても日本に勝てない口惜しさ」が、反日の根底にあったのでしょう。所詮、韓国は中華思想の中でしか自国の存在価値を見いだせない哀れな国家・国民であることが良くわかりました。海を隔てた日本より、地続きの支那大陸の方が何かと便利でしょうから、韓国とは”今生のお別れ”にした方がWin-Winの関係になるでしょう!(2014/07/03)

中国の暗部に目をつぶっているのは韓国だけではない。米国も欧州も、経済的利益と引き換えに(民間の研究所やNGOを除き)中国の暗部にはあえて口にしなくなった。アジアでも直接領土紛争を抱えているところ以外は、ことを荒げない姿勢だ。残念だが、これは中国が衰退するまで続くだろう。10年から20年かかると思われる。(2014/07/02)

米中のどちらか付くか微妙な位置を行ったり来たり、という韓国のバランサー外交(笑)を種々の情報から分析されていて、大変興味深く読んでいます。ただ実際には、軍事関係筋では日本はもちろんのこと米国も韓国を完全に見捨てている、ただそれを明言すると韓国の連中が大騒ぎして五月蠅いから、在韓米軍完全撤退までは米韓同盟の維持を言い続けておく、一方政治家はそれを承知の上で米日側に踏みとどまるよう説得を続ける「フリをする」、ということなんですよね? 米国は本気で韓国をこちら側にとどめようとする気は皆無と思うんですが。日本にとっては韓国と無意味な協力関係を持つよりも、むしろ中国側に離れてもらって、韓国は中国と同様に日本の敵国だ、と世界に認識させた方が、はるかに利益が大きいと思います。敵国ならあのように火病を起こしたり偏執狂的な言動を続けるのも理解してもらえますし、日本にはむしろ同情が集まるでしょう。(2014/06/27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長