• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「体調不良」の管理は、女性マネジメントの第一条件

疲弊から脱するテクニックを磨く

2014年7月2日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 マネジメントとして最も必要なスキルは「健康」――。

 確かにその通りだと思いますが、「100%健康です」と胸を張って言える人はそんなに多くはないでしょう。私の周囲には、非常に優秀な経営者やマネジメントが多くいますが、多かれ少なかれ体の不調を抱えながらうまく仕事を回しています。私自身“健康優良体”ではありません。

 どんなに気を付けていても、体調が悪くなることは必ずあります。健康管理に限らず、トラブルが起きることは仕方のないことです。起きたことをどうマネジメントしていくのか、これ以上悪化しないように、改善の方向に持って行くのはどうすればいいのかを考え、行動していくのが肝要です。これは、体調に限らず、仕事や人生に起きるすべてのことに言えることでしょう。

 年と共に体力が衰え、体調不良が出てくるのは自然現象ととらえる。100%健康体を目指すのではなく、仕事に大穴をあける倒れ方をせず、不調をコントロールし、不調に陥ったらそこから素早く立ち直る。リスクは常に存在するので、リスクマネジメントをしながら仕事を回していくやり方を身に付けることをおススメします。

 マネジメントの体調管理は男女を問わず必要なことですが、女性の場合はホルモンバランスによる自律神経や婦人科系のトラブルといった問題があり、よりデリケートな体調コントロールと、体調が悪いときに周りとどう接するかといった問題が発生します。

 そこで、今回は「健康管理」について考えていきたいと思います。

働き過ぎて体を壊した20代

 20代にIT系企業に在籍していたころは、めちゃくちゃハードな働き方をしていました。学生結婚をしたものの、24歳で離婚した私は、仕事で成長をして一刻も早く1人前になって、収入を得て生活の基盤を作ろうと必死でした。このため、人よりも多く働いても仕方ないと思っていました。

 当時は、大型システムのカットオーバーに間に合わせるために、夜中の1時か2時ごろまで仕事。「今日はそろそろ終わりにしようか?」の部長の一声で、きりのいいところまで作業をして帰宅。シャワーを浴びて、倒れ込むようにベッドへ。朝7時に起き、7時半に家を出て、8時30分から勤務開始、という日々が続きました。

 トラブルが起きると、会社の会議室に男女分かれて段ボールを敷いて寝袋で仮眠しました。そして、翌朝、マネジャーに起こされて、朝食が配られ、そのまま作業に入りました。

 半年近くそういう生活を続けていたら、体調を崩し始めました。夜の11時過ぎに体調が悪くなり、近くの救急で点滴をしてもらいながら朝まで仮眠し、会社に戻ったこともありました。今から考えれば異常な事態ですが、当時は、先輩も同期も同じように、夜中まで働いて、体調が悪ければ救急に行きながら、会社生活を送っていました。そのため、それが“社会の当たり前“なんだと思い、私だけ「具合悪いんで6時に帰ります」とは言い出せなかったのです。

 仕事がなくなることの不安感、システムが動かなければ会社が非常に困るからエンジニアとしてなんとかしなきゃという責任感、疲れすぎて何も考えたくないという無気力感など、いろいろな思いが絡まり、現状を変えられなかったのです。

コメント3件コメント/レビュー

確かに「ギリギリまで仕事をすることで、大きな成長がある。」これには同感ですが、「自分の体力の限界を20代のうちに知っておくと“限界基準”が作れる。」という箇所に若干引っかかりました。まず、秋山様のようにハードワークで救急車で運ばれても命を落とす前に”限界基準”に気付く人と、気がつかぬまま”限界基準”を突破して廃人になったり命を落としたりする人の差は何でしょう?あと”限界基準”は年齢とともに下がるのは当然ご存知ですよね?多くの場合、20代で認識した”限界基準”は、40代には通用しないと思いますよ。(2014/07/02)

「秋山ゆかりの女性キャリアアップ論」のバックナンバー

一覧

「「体調不良」の管理は、女性マネジメントの第一条件」の著者

秋山 ゆかり

秋山 ゆかり(あきやま・ゆかり)

事業開発コンサルタント・声楽家

ボストン・コンサルティング・グループの戦略コンサルタントを務めた後、GE Internationalの戦略・事業開発本部長、日本IBMの事業開発部長などを歴任。コンサートのプロデュースや演奏も行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

確かに「ギリギリまで仕事をすることで、大きな成長がある。」これには同感ですが、「自分の体力の限界を20代のうちに知っておくと“限界基準”が作れる。」という箇所に若干引っかかりました。まず、秋山様のようにハードワークで救急車で運ばれても命を落とす前に”限界基準”に気付く人と、気がつかぬまま”限界基準”を突破して廃人になったり命を落としたりする人の差は何でしょう?あと”限界基準”は年齢とともに下がるのは当然ご存知ですよね?多くの場合、20代で認識した”限界基準”は、40代には通用しないと思いますよ。(2014/07/02)

昔筆者と同じ業界で働いていましたが、入院中でも成果物を求めてくる、部長の一言が無いと深夜まで誰も帰らない、土日は出勤日など情報システム業界は普通に考えて異常な世界だと思う。そりゃ社員も辞めるし学生もSEなどにはなりたくないと思うだろうし、こんな職場環境を改めない限り人手不足はますます深刻化するだろう。こうした中自己管理をしっかりして乗り切っていけるような人には、そんな職場にしがみつかなくとも他に必要とされる仕事は必ずあるはずだと言いたい。また管理職ならば尚更、健康に働き続けられる環境作りにも努めるべきだ。部下に辞められて現場のスキルが定着せず困るのは自分たちでもあるのだから。(2014/07/02)

自分の体調を管理しながら、いつまでは体調がよくないと宣言しつつも、周りにも元気に見えるようお化粧など表情をよくする心がけ、マナーのひとつで当たり前じゃないのと思いましたが、当たり前が当たり前にできることがプロへの道なのでしょうね。(2014/07/02)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長