• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

米国医学会揺るがす「セルフリファラル問題」

「衝撃のリスト」を生み落とした利権批判

  • 室井 一辰(医療経済ジャーナリスト)

バックナンバー

2014年7月2日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

絶対に受けたくない無駄な医療』で紹介している米国医学会「衝撃のリスト」に寄せられる反響の中に、米国医学会の利権に対する懸念があった。米国医学界から出てきたリストだけに、どうせ米国への利益誘導になるだけなのではないか、という懸念だ。ここは重要な指摘だ。この奥には米国医学会の大きな問題が横たわる。日本語の定訳がないような気がするが「self-referrel(セルフリファラル)」の問題だ。今回は、この問題を詳しく解説しよう。

絶対に受けたくない無駄な医療
費用対効果の観点などから無駄な医療を抽出した衝撃の一冊

 連載記事の第1回「米国医学界が出した『衝撃のリスト』」は大きな反響があって、様々な感想が聞こえてきた。ご意見を寄せていただいたことに感謝する。

 そんな感想の中で、米国の利権について触れた内容があった。米国医学会から出てきたリストだけに、医師ら医療界への利益誘導になるだけではないかという疑念だ。もっともな指摘だと思う。ここは大切な点なので、少し突っ込んで考えたい。


コメント2

「絶対に受けたくない無駄な医療」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授