• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

訪日観光、関西の雄は京都? 大阪?

2014年7月3日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント6件コメント/レビュー

京都の観光資源はとてもすてきだが、夜は銅なのと言われると少し首をかしげるかな。悪いわけじゃないけど、大阪に比べると夜の街はやはりエキサイトしない。ここは重要だと思うよ。(2014/07/03)

「日本人が知らない新・ニッポンツーリズム」のバックナンバー

一覧

「訪日観光、関西の雄は京都? 大阪?」の著者

水津 陽子

水津 陽子(すいづ・ようこ)

合同会社フォーティR&C代表

経営コンサルタント。合同会社フォーティR&C代表。地域資源を活かした観光や地域ブランドづくり、地域活性化・まちづくりに関する講演、コンサルティング、調査研究、執筆等を行っている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

京都の観光資源はとてもすてきだが、夜は銅なのと言われると少し首をかしげるかな。悪いわけじゃないけど、大阪に比べると夜の街はやはりエキサイトしない。ここは重要だと思うよ。(2014/07/03)

大阪はもう少し「歴史」を打ち出した方が良い。古くは、遣唐使などの中国・朝鮮からの船が到着した場所で、都も置かれていた。中世は摂津源氏の本拠地で、楠木正成など有名武将も生まれている。近世では豊臣秀吉が城を構え、安土桃山時代まで生き残った戦国大名のほとんどすべては、必ず一度は大阪を訪れていたはず。幕末には適塾を始め多くの私塾があり、各藩の蔵屋敷などもあったことから、多くの志士が往来していた。そういう各時代の特徴を切り取り、前面に打ち出した観光名所作り、まちづくりを進めた方がいいのでは無いだろうか。(2014/07/03)

キャパシティオーバーの観点から見れば、京都は祇園祭のある7月や紅葉の時期に宿を取るのは非常に困難。和の文化や京町屋での宿泊に拘らずビジネスホテルに宿泊すると割り切るならば、大阪から30分で行ける京都市内にあえて宿を取るメリットもありませんし、食目当てで古き良き伝統に興味のない方はアクセス面や宿泊先の確保のしやすさから大阪を選ぶのではないでしょうか。神戸や奈良にも外国人観光客を誘致しようと思えば大阪に分散してくれることはむしろメリットの方が大きいでしょう。(2014/07/03)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長