• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

コロンビア戦で見えた日本のパスサッカー最後の課題

グループリーグ突破に足りなかった「日本らしさ」

2014年7月2日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コロンビアに1-4で完敗し、ピッチを去る本田(写真:AP/アフロ)

 グループリーグ突破に僅かな可能性を残していたザックジャパンは、すでにグループリーグ突破を決めていたコロンビアと対戦した。前の試合から先発メンバーを大幅に入れ替えたコロンビアから先制点を奪うべく、開始早々から攻勢に出るも、前半17分、逆に一瞬の隙を突かれPKの判定から先制点を許す苦しい展開となった。

 前半終了間際に岡崎の同点ゴールが決まり、このまま攻勢に出ればとハーフタイム中には大いに期待を持たせたが、後半開始から交代出場したロドリゲスにパスを集めるコロンビアを抑えることができず追加点を許すことになった。

 その後は、攻めるしかない日本に対してカウンターで応戦するコロンビアという展開で試合が進み、終わってみれば1-4で完敗。グループリーグ3試合の中では一番自分たちらしいサッカーができたという声も聞かれたが、3試合の中で一番、真剣勝負の中で世界との差を改めて実感する内容となった。

積極的な攻撃の姿勢は見られたが

基本スタッツ
2014年W杯 GL(3)日本 vs.コロンビア
※パスのデータはセットプレー除いて集計
※A3rd:アタッキングサード
※PA:ペナルティエリア

 上の表は、コロンビア戦の基本スタッツを示したものである。ボール支配率ではコロンビアを上回り、シュート数、アタッキングサードでのパス数では2倍の数値を記録した日本だが、ゴール数では大きく逆転された数値を記録した。コロンビアがいかに効率よくカウンターサッカーで得点を重ねたかが記録としてもうかがえる。コロンビアの約2倍のシュートを放ちながらも、その決定力の低さがこの試合を決定づけた大きな要因だろう。

【日本】チームスタッツ比較
※PA:ペナルティエリア

 また、上の表に、W杯グループリーグと、直前の強化試合(ザンビア戦)、昨年のコンフェデ杯(イタリア戦)の日本のチームスタッツを抜き出した。W杯グループリーグでは試合を重ねるごとにPA進入回数、シュート数が増加していた。特にPA内シュート数がギリシャ戦から倍増した点は、意識してPA内に進入した結果だろう。ただし、PA内シュート数をはじめ、パス数とパス成功率、敵陣でのショートパス成功数ではコンフェデ杯イタリア戦には及ばなかった。日本の攻撃サッカーを表現できたかというとそうではなかったようである。

コメント6件コメント/レビュー

今大会の日本代表、特に3戦目はポゼッション率は高かったとのことでした。しかし、それでも得点につながらないなると、体力的にも精神的にも苦しい展開になりました。ボール保持しながらも得点に至らず、高温多湿の中を走り回らされ、その疲労が肝心なときのスピードを削いだ様にも映りました。日本選手の特長である、献身的な運動量にも限界があるのでしょう。高温環境下で何か省エネになる策もないと、戦術的にも苦戦した感もありました。攻守の均衡、戦術の再検討は、これからの必須課題なのでしょう。(2014/07/02)

「「ビッグデータ」で読み解く現代サッカーの神髄」のバックナンバー

一覧

「コロンビア戦で見えた日本のパスサッカー最後の課題」の著者

永野 智久

永野 智久(ながの・ともひさ)

スポーツアナリスト/アンドスポーツ代表

「巧みなワザやコツの可視化」をテーマにスポーツ選手のパフォーマンスを定量的に評価する研究に取り組んでいる。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

今大会の日本代表、特に3戦目はポゼッション率は高かったとのことでした。しかし、それでも得点につながらないなると、体力的にも精神的にも苦しい展開になりました。ボール保持しながらも得点に至らず、高温多湿の中を走り回らされ、その疲労が肝心なときのスピードを削いだ様にも映りました。日本選手の特長である、献身的な運動量にも限界があるのでしょう。高温環境下で何か省エネになる策もないと、戦術的にも苦戦した感もありました。攻守の均衡、戦術の再検討は、これからの必須課題なのでしょう。(2014/07/02)

本稿の分析からは少し外れるのかも知れませんが、ザッケローニ氏は就任以来、日本代表を非常に上手く導いてくれた様に思います。ただ、この4年の最後の2か月の、コンディション調整・強化試合の仕方や、本戦中の会場移動・試合時の戦術・采配は疑問が残りました。初戦ではなく3戦目になって、エンジンがかかってきた様な内容は非常に残念で惜しかったです。ひいき目かも知れませんが、日本にも勝機は十分にあった様に思えます。試合前・試合中で、何が思う様にできなかったのか、是非分析して欲しいところです。(2014/07/02)

様々なところで、今回の日本の戦い方について論じられてきていますが、どんな戦術にせよクオリティを上げないと勝てないです。今大会W杯は日本にとって終わってしまいましたが、2018W杯に向けてまた頑張ってもらいたい。(2014/07/02)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長