• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

世界中で「クリエイティブだ」と思われているのに、自信のない国ニッポン

世界を知るIDEOに聞く(1)

  • 日経BP社出版局

バックナンバー

2014年7月4日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本から世界を席巻するような画期的な製品が生まれなくなった。日本メーカーはもうかつてのような輝きを取り戻すことはできないのか――。「そんなことはない。世界は今でも日本がクリエイティブだと思っている」と答えるのは、世界的なデザイン・コンサルティング会社IDEOの東京オフィス代表であるダヴィデ・アニェッリ氏。そして、ダヴィデ氏と、同じくIDEO Tokyoのリードビジネスデザイナーである野々村健一氏に、早稲田大学ビジネススクール准教授の入山章栄氏が聞いた。

ダヴィデ・アニェッリ氏。世界的なデザイン・コンサルティング会社であるIDEO Tokyo代表。イタリア出身。IDEOのサンフランシスコやシリコンバレーなどの複数オフィスで勤務後、2014年より現職。コンピューターサイエンスやインタラクションデザインの専門を活かしながら世界中の様々な組織を支援。金融、IT、メーカー等の大企業の活性化からベンチャーの立ち上げまで、プロジェクトの範囲は多岐にわたる。

入山:IDEOというと「世界で最もイノベーティブな企業」にも選ばれ、単なるデザイン会社ではなく、「イノベーションについてのコンサルティング会社」という印象があります。現在従業員は何人ほどいるのですか?

ダヴィデ:世界各地にオフィスがあり、合計すると600人ほどですね。私はイタリア出身で、今、IDEO Tokyoの代表を務めています。

入山:他国のクライアントと比べて、日本企業の特徴は何でしょうか。

野々村:日本では、「デザイン」というと「プロダクト・デザイン」を指すことが多いですね。以前はやはり製品デザインを依頼するクライアントがほとんどだったようです。




日本でいう「デザイン」は“見た目”のこと?

入山:伝統的にはそう考えられてきましたよね。

野々村:IDEOで「デザイン」という言葉を使うときには、もっと広い意味を指します。サービス体験のデザイン、ビジネスモデルのデザイン、組織のデザインなどなどです。だから、製品デザインについて依頼を受けるだけではなく、新しいサービスやビジネスモデルの開発、組織変革などについても、クライアントと一緒に考えていくのがIDEOなんです。

ダヴィデ:でも日本のクライアントもかなり変わってきました。例えば「うちの会社の『働き方』を変えたいんだけど、どう手助けしてもらえるのか?」といった依頼も出てきました。つまり、日本のクライアントの求めるものが、IDEOの提供したいものと一致しはじめたわけです。

コメント6

「日本企業はクリエイティブになれるのか?」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長