• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

宇宙から雨雲を3Dスキャン!

JAXA 地球観測研究センター GPM/DPR(1)

2014年7月14日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ふだん私たちは地表付近からしか雨や雲を見ていない。けれど、宇宙から観測したら、もっと詳しい仕組みがわかったり、ずっと正確に天気を予報できたり、防災の役に立ったりするのではないか。そう考えて、地球規模で高精度の観測ができる「GPM主衛星」での研究をスタートさせた沖理子さんの研究室に行ってみた!(文=川端裕人、写真=藤谷清美)

 地球は水の惑星だ。

 梅雨のある日本では、毎年、6月、7月になると、日々、雨に打たれつつ、「水の惑星」を実感することができる。本当に、雨のよく降る星だなあ、と。まあ、ほかの地域では、乾燥しているところもたくさんあるわけだが、体感として。

 さて、雨が降るとき、我々は、水が地球レベルで循環するのを目の当たりにしている。

 また、雨に至らずとも、雲は、空に浮かぶ水の塊だ。

 しかし、我々の目は地面近くにあって、自分の頬にふりかかる雨や、見える範囲の雲のことしか感知できない。

 では、地上を離れて、宇宙から大気圏を見下ろせばどうか。

新世代のGPM主衛星

 天気予報の時などによく使われる静止衛星(地上3万6000キロメートル)からの写真は、とても役に立つ。日本列島やその周辺の大ざっぱな雲の様子を把握できる。でも、ちょっと遠すぎて、細かい点がわかりにくい。

 ならば、もっと地表に近づいて、せいぜい数百キロメートルの低軌道に観測衛星を置いたらどうなるだろう。

 大きなメリットがある。

 その距離だと、電波を発して、大気中の水滴からの跳ね返りを観測する、いわゆる気象レーダーを使うことができるのだ。気象レーダー自体は地上にたくさんあるけれど、低軌道からのレーダーは現時点で2台だけだ。それらを使うと、静止軌道と比べて水平分解能が細かく観測でき、雲や降水、降雪の立体構造を把握しやすくなる。

 その威力は、雨雲をスキャンして、内部構造までつぶさに明らかにできる水準。「雨雲スキャンレーダー」などと呼ばれる所以だ。

 今回紹介するのは、新世代の雨雲スキャンを実現する、GPM主衛星。日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)と米国航空宇宙局(NASA)が共同開発したもので、今年の2月28日、種子島宇宙センターから打ち上げられた。

GPM主衛星の軌道上イメージCG。GPM主衛星はJAXAとNASAが共同で開発した。(画像提供:NASA)
8時間睡眠のウソ。日本人の眠り、8つの新常識
川端 裕人(著)、三島 和夫(著)

 睡眠の都市伝説を打ち破り、大きな反響を呼んだ「睡眠学」の回が、追加取材による書き下ろしと修正を加えて単行本になりました! 日々のパフォーマンスを向上させたいビジネスパーソンや学生はもちろん、子育てから高齢者の認知症のケアまでを網羅した睡眠本の決定版。睡眠に悩む方々は、本書を読んでぜひ理想の睡眠を手に入れてください。

「研究室に行ってみた」のバックナンバー

一覧

「宇宙から雨雲を3Dスキャン!」の著者

川端 裕人

川端 裕人(かわばた・ひろと)

文筆家

1964年、兵庫県明石市生まれの千葉育ち。日本テレビの記者を経て作家に。『夏のロケット』が第15回サントリーミステリー大賞優秀作品賞、「SFマガジン」で「青い海の宇宙港」を連載中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長