• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

最強の農業経営のヒミツ

フル稼働の工場のように

2014年7月11日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 最強の農業経営とは、どんな経営だろう。取材を通してみえてきた答えは「徹底的に合理的であること」。そう書くと、意外性のかけらもない解答に拍子抜けするかもしれないが、では合理的な農業経営とはどんなものだろう。そのヒントが、岩手県花巻市の盛川農場にある。

 以下の話は、巨額の資本力も、高度なIT技術も、派手な海外展開も関係ない。もちろん、採算度外視で「奇跡の味」を生み出す神秘的な技とは縁もゆかりもない。そこにあるのは、農業外のふつうの企業にも通じる経営哲学だ。

「乾田直播」のすたすた歩ける田んぼ

 6月半ば、盛川農場の田んぼを訪ねると、小さな苗が風にそよいでいた。「こうやって歩けるんですよ」。代表の盛川周祐はそう言うと田んぼに下り、そのまますたすた歩き始めた。ふつうの田んぼだと、泥に足をとられてこうはいかない。ここに農場の秘密の1つがある。

泥でぬかるまない特殊な田んぼ

 ハウスで苗を育ててから田んぼに植えるのではなく、田んぼにじかにタネをまく農法があることは読者の多くもご存じだろう。盛川農場はそのうち、乾いた田んぼにタネをまき、苗がある程度育ってから田んぼに水を入れる「乾田直播」という技法を使っている。

 田植えのように田んぼの土をこねるのではなく、逆に機械で押し固めてからタネをまき、まいたあとにもう一度鎮圧する。ふつうの田んぼと違い、中を自由に歩き回れるのはそのためだ。

 この方法は田植えと比べて作業がごく短時間ですむため、コストを大幅に下げることが可能になる。ただ、田植えとは違う機械や技術が必要で、しかも収量を安定させるのが難しいため、兼業の仕事を持つふつうの農家は手を出さない。この「田植えとは違う機械」が肝心な点なのだが、そのことは後述する。

 農研機構・東北農業研究センターの大谷隆二の指導を受け、盛川はこの技術の実用化に挑戦した。その結果、2011年には単位重量当たりのコストを東北平均の半分近くに圧縮するという劇的な効率化を実現した。一般の田植え用のものと比べて、収量の多い品種を選んだため、その効果はさらに増幅した。

 ここで読者が思い浮かべるのは、環太平洋経済連携協定(TPP)だろう。日本の稲作は効率で海外に張り合うのは到底不可能。だから日本はコメを「聖域」にした。だが、ここまでコストを減らせるのなら、日本のコメも国際競争力があると期待したくなるかもしれない。

コメント7

「ニッポン農業生き残りのヒント」のバックナンバー

一覧

「最強の農業経営のヒミツ」の著者

吉田 忠則

吉田 忠則(よしだ・ただのり)

日本経済新聞社編集委員

1989年京大卒、同年日本経済新聞社入社。流通、農政、行政改革、保険会社、中国経済などの取材を経て2007年より現職。2003年に「生保予定利率下げ問題」の一連の報道で新聞協会賞受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

本音と建前が違うことが問題の温床になっている。

川野 幸夫 ヤオコー会長