• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

超高級リゾート「ブルガリアイランド」の衝撃

ブルガリが島ごと開発に乗り出す理由

2014年7月16日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 商品から体験へ――。世界のラグジュアリー市場の「モノ消費」から「コト消費」へのシフトが加速している。世界的なラグジュアリーブランドの多くが今、ファッションや宝飾品といった従来の事業から、旅行やホテルなど「体験型ラグジュアリー」へ飛躍している。

 体験型の中でもとりわけ顕著な傾向が、ブランドのホテル展開だ。高級自動車メーカーのメルセデス・ベンツは今年、高級旅行サービス旅行事業への参入を発表。LVMH(モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン)も昨秋ホテル事業を拡大し、新たにモルディブにリゾートをオープンした。ホテルという空間を通じて、衣食住すべてのライフスタイルをトータルに演出し、ブランドの哲学を消費者に味わってもらう。特別な空間での体験を通じて、ブランドの浸透を狙うケースが少なくない。

 今では定着しつつあるラグジュアリーブランドのホテル展開において、その先鞭をつけたのがブルガリだ。10年前に初めてホテル事業に参入、現在はミラノ、バリ、ロンドン、ドバイに展開。2015年には上海にもオープンを予定している。ラグジュアリーホテルの老舗とも言えるブルガリ・グループCEO(最高経営責任者)ジャン-クリストフ・ババン氏に事業展開を聞いた。

コメント0

「新オープン・ブランディング論」のバックナンバー

一覧

「超高級リゾート「ブルガリアイランド」の衝撃」の著者

吉柳さおり

吉柳さおり(きりゅう・さおり)

プラチナム代表取締役

コミュニケーション領域における総合的な戦略 PR を手がける。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

プロフェッショナルとして、勝負どころで安易に妥協するなら仕事をする意味がない。

手嶋 龍一 作家・ジャーナリスト