• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

読者の皆様からのフィードバック

日本人が知らない新・ニッポンツーリズム 外国人は「城と街道」を目指す!(前編)

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。その他,コメントに関する諸注意はこちらをご覧ください。

建築基準法では3階建てを超える木造建築は禁止されているので、現存する天守は「既存不適格」になるのです。 流石に城郭の再建に際してこの基準を適用するのは文化財復元の観点からも望ましくないということで、歴史的建造物の復元に関する除外規定が設けられ、愛媛の大洲城天守がその適用を受けた再建第1号となっています。 ただ、それ以降の審査はいずれも耐震性の評価などに時間がかかっており、この方法も万能ではないようです。(2014/07/22)

彦根城の評価が低いのは残念ですね。(もう20年以上前の話なので今もそうかということには自信がありませんが)彦根市を含めて琵琶湖の周辺を一週間かけて周ったことがありましたが、琵琶湖周りは古い街並みや村がそこここにあってとても楽しめました。(2014/07/18)

古い重要建築物はもちろん素晴らしいが、当時と同等の材料と手法を駆使して新築したのもいいですね。 金沢城が「復活」しつつありますが、旧式の材料と技法を用いているので新しいのに古い感じがします。 建築基準法か何かの制約で、大きな木造建築は造りにくくなっていると聞きました。 名もない寺がコンクリートで改築されているのを見る度に、寂しい気持ちになります。(2014/07/18)

うーん、結論がお城比べになっちゃったけれど、ちょっと違うのではないかな。コラムに書かれたように外国人はコンクリートの建物には興味はない。では何かを考えるとき、日本人は無信仰なるが故に宗教を抜きに考えてしまう。日本人が京都奈良を訪れてさえも、宗教的関心は薄い。でも、洋の東西を問わず旅の基本は信仰、巡礼である。フランスのモンサンミシェルも修道院、城よりは教会。有名なサンティアゴ・デ・コンポステーラは年間10万人以上がピレネー山脈を越えて800キロを歩き、モスリムのメッカ巡礼も300万人に上ると聞く。日本でも先の遷宮でも大勢の人を集めた伊勢神宮、出雲神宮が本命じゃないか、と弥次さん喜多さんも言っている。(2014/07/17)

姫路市のHPには、 Q6, 昭和の大修理と今回の保存修理は何が違うのですか? A,昭和の大修理時は、全面解体を伴う大規模な修理でしたが、今回は、漆喰の塗替えや瓦の全面葺き直しなどを行う、保存のための修理です。 とありました。普段の修理はされているので、大規模な改修が必要となったからでしょう。 鹿島建設は日本の歴史的な建物の保存工事も行っている会社ですからそのノウハウはたくさんあると思います。 そして、請け負っているのは地元の建築業者ですので、責任者、左官屋さんや大工さんは地元の方が入られています。 漆喰も昔のやり方でされているので、文化の継承としても大きな意義を持っていると思います。 昔のままの姿に改修される姫路城に期待しています。 (2014/07/17)

私の地元にもコンクリートの城のある公園がありますが、いかにもとってつけたような感じがして価値が感じられないと思っていました。現存する城でさえ、その価値の発信に工夫が必要と言っているところで何ですが、各地にある城跡に史料を元に城郭を忠実に復元する運動を起こしてみてはどうでしょう。確かに城を築く大工の技術などはもうほとんど途絶えてしまったかもしれませんが、たとえ長い年月をかけてでも、地道に城の再建をスタートすれば、わずかに残る大工の技術を歴史的な情報から実際の技術へと引き戻しその伝承を蘇らせ、そうやって伝統を守ってゆくことが、人を呼ぶことにつながってゆくのではないでしょうか。伊勢神宮や出雲大社は遷宮によってその伝統を守っているようですが、姫路城はじめ、現代の城の修繕は、見たところ大手ゼネコン主導の大規模工事となっているようです。普段から大工や鳶がこつこつメンテナンスを怠らなければ、こうした大規模工事が無くても維持できるのではないかと言う気がしますし、その方が歴史を守り育てる姿勢としてふさわしいように思います。(2014/07/17)

日本人も城を再評価していますので、海外へ情報発信すれば 絶対訪れてくれるはずです。 街道のことで自分の体験を披露します。 7年前、3月~12月の間に7回に分けて延べ21日間で 旧東海道を歩きました。 会社勤めですから有給休暇や土日・祝日を利用しましたが、東海道は新幹線があり、適度に宿泊施設があるので街道歩きにはお勧めです。 旅行中、ポジフイルムで約2000カット撮影しましたが、今でも私の宝物です。 江戸時代の旅人になった気分で歩くのは旅の原点です。箱根峠越えは苦しかったですが良い思い出です。 7年前は京都三条大橋から日本橋へ歩きましたが、今度は日本橋から京都三条大橋までを目指したいと思っています。 宿泊やトイレなどの整備をすれば、江戸時代の気分が味わえますので、街道歩きは外国の方も喜んでくれると思います。(2014/07/17)

>ノイシュバインシュタイン城 この城はコンクリート製です (2014/07/17)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大量陳列、大量販売というのがある程度限界にきているのかなと思います。

松﨑 曉 良品計画社長