• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

読者の皆様からのフィードバック

日本人が知らない新・ニッポンツーリズム 外国人は「城と街道」を目指す!(前編)

レビュー

とても参考になった
 

100%

まあ参考になった
 

0%

参考にならなかった
 

0%

ぜひ読むべき
 

0%

読んだほうがよい
 

100%

どちらでもよい
 

0%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

建築基準法では3階建てを超える木造建築は禁止されているので、現存する天守は「既存不適格」になるのです。流石に城郭の再建に際してこの基準を適用するのは文化財復元の観点からも望ましくないということで、歴史的建造物の復元に関する除外規定が設けられ、愛媛の大洲城天守がその適用を受けた再建第1号となっています。ただ、それ以降の審査はいずれも耐震性の評価などに時間がかかっており、この方法も万能ではないようです。(2014/07/22)

彦根城の評価が低いのは残念ですね。(もう20年以上前の話なので今もそうかということには自信がありませんが)彦根市を含めて琵琶湖の周辺を一週間かけて周ったことがありましたが、琵琶湖周りは古い街並みや村がそこここにあってとても楽しめました。(2014/07/18)

古い重要建築物はもちろん素晴らしいが、当時と同等の材料と手法を駆使して新築したのもいいですね。金沢城が「復活」しつつありますが、旧式の材料と技法を用いているので新しいのに古い感じがします。建築基準法か何かの制約で、大きな木造建築は造りにくくなっていると聞きました。名もない寺がコンクリートで改築されているのを見る度に、寂しい気持ちになります。(2014/07/18)

うーん、結論がお城比べになっちゃったけれど、ちょっと違うのではないかな。コラムに書かれたように外国人はコンクリートの建物には興味はない。では何かを考えるとき、日本人は無信仰なるが故に宗教を抜きに考えてしまう。日本人が京都奈良を訪れてさえも、宗教的関心は薄い。でも、洋の東西を問わず旅の基本は信仰、巡礼である。フランスのモンサンミシェルも修道院、城よりは教会。有名なサンティアゴ・デ・コンポステーラは年間10万人以上がピレネー山脈を越えて800キロを歩き、モスリムのメッカ巡礼も300万人に上ると聞く。日本でも先の遷宮でも大勢の人を集めた伊勢神宮、出雲神宮が本命じゃないか、と弥次さん喜多さんも言っている。(2014/07/17)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長