• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

習近平に底なし沼で助けられた朴槿恵

中韓首脳会談を木村幹教授と読む(2)

2014年7月17日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

 韓国の保守メディアは「離米」外交を一斉に批判した。しかし「中国主席の訪韓」を喜んだ普通の人々は、朴槿恵(パク・クンヘ)大統領を支持した。中韓首脳会談で顔をのぞかせた、韓国人の心の奥底を木村幹・神戸大学大学院教授と読んだ(司会は坂巻正伸・日経ビジネス副編集長)。

「国の危機」を訴える親米保守

木村幹(きむら・かん)
神戸大学大学院・国際協力研究科教授、法学博士(京都大学)。1966年大阪府生まれ、京都大学大学院法学研究科博士前期課程修了。専攻は比較政治学、朝鮮半島地域研究。政治的指導者の人物像や時代状況から韓国という国と韓国人を読み解いて見せる。受賞作は『朝鮮/韓国ナショナリズムと「小国」意識』(ミネルヴァ書房、第13回アジア・太平洋賞特別賞受賞)と『韓国における「権威主義的」体制の成立』(同、第25回サントリー学芸賞受賞)。一般向け書籍に『朝鮮半島をどう見るか』(集英社新書)、『韓国現代史』(中公新書)がある。ホームページはこちら。最近の注目論文は「日韓関係修復が難しい本当の理由」(Nippn.com 2013年12月20日)。(写真:鈴木愛子、以下同)

前回の「ルビコン河で溺れる韓国」は朴槿恵大統領が、中韓首脳会談のため訪韓した習近平主席と、日本の集団自衛権容認に対しスクラムを組んで反対した。これに驚いた韓国の親米派が朴槿恵外交を猛烈に批判し始めた――という話でした。

鈴置:「中国と同調すれば米国との関係が悪化する」と懸念した人々の、朴槿恵外交への批判は簡単には収まりません。親米保守の牙城である趙甲済(チョ・カプチェ)ドットコムは「国の危機」を訴える記事で溢れ返っています。

 代表的な記事が7月9日にヴァンダービルドというペンネームの識者が書いた「大韓民国が早晩、直面しうる『状況』――米国は今や韓国の突出した行動により、むしろ『ある種の自由』を感じる可能性も」(韓国語)です。

 ヴァンダービルド氏は国際政治に深い識見を持つ人で、身元は明らかにされていませんが、元・韓国外交部高官と見られています(「『漁夫の利外交』で韓国は無限大のツケを払う」参照)。この人の現状分析は以下の通りです。

「ミランダ警告」を発した米

  • 「ミサイル防衛(MD)」や「アジアインフラ投資銀行(AIIB)などに関連、最近、米国が発信する露骨な直接話法――例えば「加入しろ」「加盟するな」――は韓国に対するスタンスを確定するための“ミランダ警告”に相当すると言っていい。
  • 分もわきまえずに親中反日だの、等距離外交だのと興じた代価として、突きつけられなくともよかった試験用紙に直面した形だ。
  • 国のリーダーから一般人までに蔓延した「向中国・反日本」の空気により、出題者たる米国の期待を裏切って、この試験用紙に気ままな答えを書く可能性もある。

 ちなみに「ミランダ警告」とは米国の警察官が容疑者を逮捕する際に「供述はあなたに不利な証拠となる可能性がある」などと宣言し、予め「ルール」を明示しておくやり方です。

 米国がMDやAIIBに関連し、韓国にモノ申し始めたのは「そこで中国の言いなりになると敵性国家と見なす」と「ルール」を示して来た、とヴァンダービルド氏は見ているわけです。

待望の第3弾 好評発売中! 増刷出来!
Amazon「朝鮮半島」カテゴリ1位獲得/
楽天ブックス政治部門1位獲得
「踏み絵」迫る米国 「逆切れ」する韓国

「従中」へ動く韓国。それに苛立つ米国は
4月、オバマ訪韓で「踏み絵」を迫った。
その先に見える、新たなアジアの構図とは?


中国に立ち向かう日本、つき従う韓国
中国という蟻地獄に落ちた韓国』の著者が
待望のシリーズ第3弾、4月22日発行。
全国書店にて好評発売中!

コメント49件コメント/レビュー

「あの半島」のコメントに反論。前半は同意ではあるが、その国がその立場を利用して日本を脅迫する事や、事実を捻じ曲げて反日のネガティブキャンペーンが酷くなる一方で、足を引張るだけでなく、裏切りが強く疑われる無能な味方であるより、敵とした方が扱いやすい。ということ、どの道このままでも、中国の手先に等しく事実上、万が一には韓国は防波堤にもならず、中国軍を素通しが疑われる。そして日本国内に埋服の毒のように居る者達をこのままにする方が問題であり、明確に敵に成れば帰って頂くことも可能と考えられる。平和ボケ解消で、真の意味で平和維持をする為には隣国日本を事実上敵認定している中国や韓国と同じくする方がマシと考えることも出来る。(2014/07/27)

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「習近平に底なし沼で助けられた朴槿恵」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「あの半島」のコメントに反論。前半は同意ではあるが、その国がその立場を利用して日本を脅迫する事や、事実を捻じ曲げて反日のネガティブキャンペーンが酷くなる一方で、足を引張るだけでなく、裏切りが強く疑われる無能な味方であるより、敵とした方が扱いやすい。ということ、どの道このままでも、中国の手先に等しく事実上、万が一には韓国は防波堤にもならず、中国軍を素通しが疑われる。そして日本国内に埋服の毒のように居る者達をこのままにする方が問題であり、明確に敵に成れば帰って頂くことも可能と考えられる。平和ボケ解消で、真の意味で平和維持をする為には隣国日本を事実上敵認定している中国や韓国と同じくする方がマシと考えることも出来る。(2014/07/27)

あの半島は明治の始めに半島人の外交能力や国力の弱さのためロシアの侵略の脅威にさらされた。半島がロシアに占領されることはすなわち日本の脅威でもあるので日本は彼の半島に手を付けた。日清日露戦争は日本の大陸侵略ではあるが半島の為であったとも言える。戦後は半島全体が中ソ等の共産圏に入ることをアメリカが血を流してかろうじて南半分を西側に取り戻したという歴史がある。今は昔のロシアに替わり中国が日本の脅威となっている。だから日本の防衛線としても韓国は重要な位置づけだ。やたら反日を唱える韓国なんか放っておけとか中国に取り込まれても構わないという人達は中国を甘く見過ぎているのではないか。日本としては韓国がみすみす中国に盗られないようアメリカの協力を得ながら今後ともしっかり彼の国を見守っていく必要があると思う。集団的自衛権成立を急ぐのもまずは韓国を守れるようにすることですなわち日本の防衛のためでもある。韓国が中国の配下となって日本に侵攻してきたらと考えるとそら恐ろしい。かっての元寇を忘れてはいけない。アメリカという神風に期待しているのかもしれないが、たぶんその風は吹かないだろう。(2014/07/24)

>集団的自衛権についての慎重な議論 という方がありますが安倍政権としては韓国は将来中国側に寝返り防衛ラインとしては役に立たなくなることを見越しており、だからこそ集団的自衛権を早期に確立させようとしているのでしょう。国家アイデンティティが反日にある以上、韓国を引き止めることは不可能です。ちなみに、中国寄りの意見を主張する方は「安倍」を「安部」「阿部」と誤記することが非常に多いのでプロパガンダを識別するには好都合だと思っています。(2014/07/24)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長