• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「中国の属国に戻るぞ」と米国に脅された朴槿恵

揺らぐ米韓同盟――読者と考える

2014年7月31日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「そんなに中国の属国に戻りたいのか」――。米国の有力なアジア専門家が朴槿恵(パク・クンヘ)政権に啖呵を切った。もちろん米韓同盟の破棄が前提だ。米韓関係の潮目が完全に変わった。

アジアハンズの警告

鈴置:韓国への厳しい警告記事が載りました。米国のアジアハンズ、ビクター・チャ・ジョージタウン大学教授が中央日報に書いたものです。骨子は「離米従中をしたければしろ。だが、よく考えろ。米韓同盟がなくなれば、中国からその一部として扱われるぞ」です。

日本語版で読んで驚きました。「朴槿恵の統一論、歴代政権と比べてみると」(7月18日)ですね。

鈴置:見出し通り、記事のほとんどが歴代政権の統一論の比較で、別段、ニュースはない。その部分は退屈です。

 筆者が本当に言いたかったのは最後の段落でしょう。そこを、大元の英語版「Five theories of unification」(7月22日)から全訳します。

中国との熱愛に舞い上がる韓国人

  • 韓国は(7月の中韓首脳会談で開いた)窓を生かし、中国を自らの側に引きつけようとしている。北朝鮮以上に中国と近い関係になりたいと韓国は願う。
  • これは、韓国が米国を排除しつつ、北朝鮮に関し中国と主体的に取引できることを意味するのだろうか? 私はそうは考えない。
  • 理由の第一は中国が北朝鮮を放棄する準備ができていないからだ。2番目の理由。韓国は中国との関係で舞い上がっているようだが、強固な韓米関係を基にしてこそ、中国への接近をしっかりとしたものにできるのだ。
  • 簡単に言えば、米国との同盟なしでは韓国は、中国からその小さな一地域として扱われる、ということだ。こんなことは、韓国政府の指導層だって分かっていると思うが。

 ちなみに、「韓国は中国との関係で舞い上がって……」と、最後の1文「こんなことは、韓国政府……」のくだりは韓国語版からも日本語版からも削られています。いずれも韓国人には朴槿恵大統領への挑発と読める部分です。

待望の第4弾 最新刊Amazon先行予約開始!
早くもAmazon「朝鮮半島」カテゴリ1位獲得!
日本と韓国は「米中代理戦争」を闘う

「米陣営に残れ」
4月のオバマ訪韓で踏み絵を迫った米国。
しかし韓国の中国傾斜は止まらず、
7月の習近平訪韓でその勢いは増した。
流動化するアジア勢力図をどう読むか、
日本はいかに進むべきか--。

中国に立ち向かう日本、つき従う韓国
中国という蟻地獄に落ちた韓国
「踏み絵」迫る米国 「逆切れ」する韓国
に続く待望のシリーズ第4弾、9月16日発行。
Amazon先行予約スタート!

コメント68件コメント/レビュー

朝日の突然で、中途半端な記事取り消しは、韓国から米側に戻りたいというメッセージとは読めないか。次の手は日韓首脳会談の実現。 米の不信感に気づいた韓国は、日韓関係の改善を手土産に米との距離を縮めようと予想してみた。 皆さんはいかが?(2014/08/11)

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「「中国の属国に戻るぞ」と米国に脅された朴槿恵」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

朝日の突然で、中途半端な記事取り消しは、韓国から米側に戻りたいというメッセージとは読めないか。次の手は日韓首脳会談の実現。 米の不信感に気づいた韓国は、日韓関係の改善を手土産に米との距離を縮めようと予想してみた。 皆さんはいかが?(2014/08/11)

先の方の「韓国が中国寄りになるのなら、北朝鮮を日本(アメリカ)寄りにすれば良いだろう。・・。」の様に、安倍政権が今の北朝鮮に対して動いているとすれば目先の利害を自己中心的な視点でのみ見ており、80年前と同様非常に危険。今の北朝鮮に安易に接近することは国際社会に対する敵対行為。金一族を追放して民主国家になってからにすべき。今の北朝鮮は、言動・行動も中国以上に身勝手で狡猾、つたない日本外交の能力では手に余る。結果、集団的自衛権行使で朝鮮半島の泥沼に引き込まれるのは目に見えている。今やるべきは、北朝鮮の崩壊と新朝鮮国の混乱から押し寄せる朝鮮人から対馬・五島列島・隠岐等をどの様に守るかと、混乱に乗じるだろう中国からや尖閣諸島や沖縄をどの様に守るか作戦を立案し、着実に準備すること。また、人道に名を借りた亡国勢力の難民(侵略)受け入れ強要にどう対応するかと思われる。そのために日韓関係悪化は良い口実。安易な日韓関係改善は慎むべし。一案は、韓国人に対するビザ取得義務の復活、外国人購入土地に対する固定資産税徴収の強化、税滞納外国人に対する資産没収制度の確立。防人制度の導入と離島の土地国有化推進(住人には防人制度と合わせて買入れ後貸与)等(2014/08/11)

でたらめな報道を執拗に繰り返し、結果的にこれほど日韓関係を毀損した朝日が、何も罪に問われないなどということはあってはなるまい。また、朝日の真の狙いは、実は日韓の離間にあると見ている。理不尽な主張で嫌韓を助長し、一方で韓国には火のついた薪を敢えて投げ込むような振る舞いは、明らかに不自然と言えよう。むしろ背後に存在するものの意図を考えれば納得が行く。(2014/08/09)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長