• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「まるで都議会のヤジ」

農業女子の苦悩は消えない

2014年8月8日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「なんでこんな苦しい思いをしなければならないんだろう、と思うこともありました」。彼女はそう言って声をつまらせた。本来なら、これ以上立ち入るべきではないのかもしれない。だが、それでは農村の女性の実態を知り、伝えることはできない。だから続けた。「何がそんなに苦しかったんですか」。

改めて、女性にとって農業とは?

 女性がふつうに始めることができるようになることが、農業が成長するための条件の1つ。そう考え、この連載では男性顔負けの勢いでがんばっている女性たちを紹介してきた(2014年3月14日「ガールズ農場は、いま」、2013年10月18日「結婚でオンナの決断、農の新しいカタチ」など)。

 彼女たちの果敢なチャレンジを取り上げることで、「女性にも農業の世界が開けている」ことを示すためだ。だが、そうした取材を続けながら、「それだけでいいんだろうか」とも思っていた。「女性であること」が注目されるということは、裏返して言えば、それがまだまれなケースであることを示している。

 取材に応じてくれたのは、関東地方のある県で、トマトなどの野菜を栽培している山田春子と田中夏子。それぞれ40代と30代。もちろん仮名だ。

 春子は家が農家で、まず父親のあとを継いで農業を始め、結婚してからは夫も作業を学び、夫婦で専業農家になった。夏子のほうは、夫の実家が農家なため、結婚してから農業を始めた。

 「女性にとって農業とはなにか」。この質問に、春子は自分の母親のことから語り始めた。「母のことを見て、育ちました。封建的な家で、母が家にいないと、父の両親が『嫁が帰ってこない』と文句を言いました。母は自分の用で外に出ることはめったにありませんでした」。

 朝は5時ごろに起きて、食事をつくり、洗濯をし、畑に出る。春子は「わたしたちが起きると、母はもう家にいませんでした」とふり返る。昼に汗だくで帰ってきて、また食事の準備を始める。「父や祖父母はごろごろしながら、『メシはまだか』と言っていました」。

コメント15

「ニッポン農業生き残りのヒント」のバックナンバー

一覧

「「まるで都議会のヤジ」」の著者

吉田 忠則

吉田 忠則(よしだ・ただのり)

日本経済新聞社編集委員

1989年京大卒、同年日本経済新聞社入社。流通、農政、行政改革、保険会社、中国経済などの取材を経て2007年より現職。2003年に「生保予定利率下げ問題」の一連の報道で新聞協会賞受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

環境の変化にきちんと対応して、本来提供すべき信頼されるサービスを持続できる環境を作り出さなければならない。

ヤマトホールディングス社長 山内 雅喜氏