• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

スカイマーク、最大の正念場は秋

資金ショートを助けるのは誰か

2014年8月6日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 国内3位の航空会社、スカイマークが揺れている。

 欧州航空機メーカー大手のエアバスは7月、スカイマークに導入する予定だった全6機の超大型機エアバスA380の契約解除を通告した。

A380の契約解除によって、スカイマークの経営危機は深刻化している(撮影:吉川 忠行、他も同じ)

 先週、「スカイマーク『絶対に大手の傘下に入らない』」で取り上げたように、スカイマーク側は「エアバスが大手航空会社の傘下に入ることを要求した」「常識を逸した法外な(A380の)違約金を提示した」といった内容の、西久保慎一社長の声明文を7月29日に発表。同日午後には会見を開き、自ら説明した。

 一方のエアバスは、会見終了直後に声明文を発表。A380の契約解除をスカイマークへ通達済みであることや、売買契約に基づいた損害賠償を求めていくとの内容で、わずか英文51ワードの簡潔な声明文だった。

 「エアバス側と足並みを揃えて交渉を続けたい」(西久保社長)とするスカイマークと、粛々と事後処理を進めるエアバス。今年4月に始まった両社の交渉は、事態が好転する見通しは低い。

 こうした中、スカイマークが7月31日に発表した2014年4~6月期(第1四半期)の決算は57億9500万円の最終赤字。決算短信の継続企業の前提(ゴーイングコンサーン)に「重要な疑義がある」との注記が添えられた。

 エアバス側が請求する違約金は7億ドル(約700億円)と言われている。この先、スカイマークはエアバス以外にも、A380に携わったエンジンメーカーの英ロールス・ロイス、シートやギャレー(厨房設備)のメーカーなどからも、同じように違約金を請求される可能性が高い。

 スカイマークの2014年3月期決算は18億4500万円の最終赤字。2009年3月期以来、5年ぶりに赤字に転落した。航空会社はドル払いの費用が多く、同社も例外ではない。機材費や燃油費といったドル払いの負担に対し、円安が直撃した格好だ。

 渦中のA380についても、最初に売買契約を締結した2011年2月の為替は1ドル83円台。102円台で推移する現在と比べると2割程度の円高だった。

 3年で急激に進んだ円安に、足もとをすくわれたスカイマーク。この先の見通しを探った。

コメント4件コメント/レビュー

しかし、スカイマークがなくなったら羽田線は確実に高くなるよ。(2014/08/09)

「吉川忠行の天空万華鏡」のバックナンバー

一覧

「スカイマーク、最大の正念場は秋」の著者

吉川 忠行

吉川 忠行(よしかわ・ただゆき)

Aviation Wire編集長

ライブドアで同業初の独自取材部門「ニュースセンター」立ち上げに参画。ライブドア事件も内側から報じる。退職後はAFP通信社等で取材を続け、2012年2月Aviation Wire創刊。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

しかし、スカイマークがなくなったら羽田線は確実に高くなるよ。(2014/08/09)

何千億円もの買い物をするのに、「分厚い英文の契約書」の内容精査もせずに契約を結んだとは思いたくないが、両者の主張を照らし合わせると、それに近い状況であった可能性は否定出来ない。私自身外資系の会社で購買活動をしていた時に、普通はアメリカ本社の契約基本条項等を日本語化した契約書で契約を結んでいたが、個人情報漏洩に関する契約書の基本形が米本社から提示されたら、それはとても分厚い内容で、翻訳していたら時間が掛かり過ぎるため、英文のまま業者に提示して、「この契約内容で見積もりを」とお願いした所、大手からは「英文と合わせて日本語訳も添付する形での契約」と懇願された。中小の業者は、多分内容も精査せずに見積書を提出して来た。日本企業は国際化しているといっても、国内の仕事に関する契約を英文で当たり前の様に締結する、という段階には程遠いのが現状だと思う。それは近年起業された会社でも状況は大して変わらないのではないかと推測する。国際化の為には、例えば運転免許証も、そのまま国外でも利用出来る様に、元号表記を西暦に、その他基本情報も全て英文にすべきだ。そうすれば、本来必要の無い「国債免許」なんてものを申請する必要すらないのだから。因にアメリカ人が日本でレンタカーを運転する場合、日本語訳の「国債免許」なんてものは無い。こんな程度の事にも対応出来ない日本は本当に世界の動きから取り残され兼ねない。新学期を4月始まりから9月に変更する以上に日本に必要な「国際化の為の変更」だ。英語教育も読み書きよりも会話に重点を置いて小学生の低学年から始めて、実用に供せる語学力をより多くの人に身につけさせねばならない。契約の破棄に関しては、時期毎に違約金が契約書上で定められている筈であり、今頃「法外な!」とわめいても始まらない。この様な事件は、正直言って日本人として恥ずかしい事だ。(2014/08/06)

スカイマークは大手のやらない路線を開設する面白みはあるがさっさと撤退し維持しようとはしない潔さというよりいい加減さがある。利用者としては迷惑なのだ。今朝も成田からの全面撤退のニュースが流れていた。成田は重要な拠点となるはずだが路線を維持する程は集客できなかったようだ。国際線算入云々を除いても成田からの撤退は可笑しい。維持できなかったのは燃油代や円安もあったろうが戦略が不十分だったからだ。地方から成田に行くのは結構大変だ。地方空港の成田便はそれなりに魅力がある。しかし十分では無かった。米子も山陰の拠点空港にするのは良い考えではあり他に適当な空港も無いので拠点としての判断は間違っていないが問題は山陰には人(利用者)が少ないと言うことだ。地元は便利になり使い勝手は良いだろう。しかし肝心の人が少ない。北海道便は概ねドル箱だがそれも維持できない。米子は羽田経由で北海道に行くことになり費用も時間も凄く掛かるので直行便は大歓迎のはずだがこの結果だ。飛行機が飛ぶだけでは人は乗ってくれない。米子に限らずだがスカイマークは乗せる為の戦略が不足している。コスト削減の為にその辺に金を掛けてないのでは無いか?低価格とはいえ金を掛ける所には掛けないと結局儲けが少ない。戦略的な何かが足りないのではないかと思う。(2014/08/06)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員