• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

公園デビューで弾ける上海の老人たち

遊具の主役はジャングルジムより四十肩治療のロープ

2014年8月21日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ど迫力の太極拳!(上海の復興公園)

 上海は女性が夜一人歩きしても大丈夫なほど比較的安全な町だが、それでも治安の悪いエリアはある。中でも悪人密度の高いところと言えば、鉄道の上海駅付近と上海一の繁華街・南京東路の歩行者天国が双璧だろう。いずれも国内の地方や海外から上海に出てきた人たちが集まる場所で、スリ、白タク、ぼったくりの客引きが大挙して詰めかけ、虎視眈々と獲物を狙っている。

 南京東路のぼったくりはターゲットによっていくつかのパターンがあるのだが、私のような中年の男に対しては、20~40代の女が地方から出てきた観光客を装い道を尋ねるふりをして声をかけ、「どこかに遊びにつれて行って」「お茶でも飲みましょうよ」と言って一味の店に連れ込み高額な勘定をふっかけるというスタイルが登場してきたようだ。

 私はよほどスキがある顔をして歩いているのか、この全長1キロの歩行者天国を歩いている間に、多い日には3回も4回もこうした女のぼったくりに声をかけられる。つい先日も、肩を叩かれ振り向くとアラサーの女で、「ここから豫園まで歩いたら何分ぐらいかかりますか?」と尋ねる。豫園というのは明の時代に造られた庭園で、周囲にはやはり明代に建立された上海の神々を祭る廟と商店の建ち並ぶ門前町のある、あえて例えれば浅草のようなエリアである。

 尋ねてきた女を見ると、化粧の感じや雰囲気が結構なベテラン感を醸し出していて、私をだまそうとしているのは一目瞭然。ただその日は先を急ぐ用事も特段なかったので少し話につき合ってみるかと思い、ぶらぶら歩きで20分ぐらいかなと答えた。すると女は、おっ、こいつ話に乗ってきたとばかりに勢いづき、「えー、そんなに遠いのー。上海はほかに面白いところないんですかー。連れていってくださいよー」と甘い声を出していきなり畳みかけてきた。

 これ以上つき合うと振り切るのに時間がかかるので、上海は歴史を感じさせる町並みなんかは残ってるけど、北京で言うなら天安門広場とか故宮とか頤和園みたいな、いわゆるベタな名所旧跡や観光スポットって少ないんだよ、と答えた。すると女は、私の答えを聞いて一瞬素に戻ってしまったのか、「そうなのよねえ、上海って、名所旧跡が少ないのよねえ」と上海のベテランの顔になってポロリと漏らし、あら失敗したと今度は怖い顔になって離れていった。一味の店に連れ込むまでに男を信用させるために連れ回す場所に日々苦労していて、思わず本音が出てしまったのだろうか。

コメント5

「中国生活「モノ」がたり~速写中国制造」のバックナンバー

一覧

「公園デビューで弾ける上海の老人たち」の著者

山田 泰司

山田 泰司(やまだ・やすじ)

著述業/EMSOne編集長

1992~2000年香港で邦字紙記者。2001年の上海在住後は、中国国営雑誌「美化生活」編集記者、月刊誌「CHAI」編集長などを経てフリーに。2010年からは、「EMSOne」編集長も務める。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

実は事業継承の覚悟って、そんな大それたものではないんですよ。

高田 明 ジャパネットたかた 創業者