• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

新型デミオの1.5Lディーゼル、小型車でも普及なるか

2014年8月26日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

マツダが秋の発売を予定している新型「デミオ」(写真提供:マツダ)

 私事で恐縮だが、筆者の古くからの友人が、独り身であるにもかかわらず最近マツダ「アテンザ」のワゴンを買った。面白かったのは、その友人が、当然のようにディーゼルを選んだこと。このところマツダでは、ディーゼルエンジン搭載車の比率が増えている。同社によればSUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)の「CX-5」で約8割、「アテンザ」でも約7割といずれも過半数以上を占める。これは国産車では極めて異例のことだ。

 小型車「アクセラ」だとこの比率は約13%と下がるのだが、アクセラにはトヨタ自動車のシステムを使ったハイブリッド仕様車があり、しかもディーゼル車よりも低く価格が設定されていることを考慮に入れるべきだろう。そして筆者がその売れ行きに注目しているのが、マツダが秋に発売を予定している新型「デミオ」のディーゼル比率がどうなるかだ。

燃料代はハイブリッド車と同等か

 デミオは排気量1.3~1.5Lクラスの、マツダが自社生産する車種では最も小型のハッチバック車だ。このデミオに、マツダは排気量1.5Lの新開発ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」を搭載することを公表している。従来このクラスでは、ガソリンエンジン車が主流だったが、最近ではトヨタ自動車の「アクア」や、ホンダの「フィット ハイブリッド」といったハイブリッド車の比率が高くなりつつある。これらの車種はいずれも35km/L(JC08モード)以上という高い燃費性能を誇る。新型デミオは、これらの強力なライバルに真っ向から挑むことになる。

マツダが新型デミオへの搭載を予定する新型ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」(写真提供:マツダ)

 新型デミオのディーゼルエンジン仕様車の燃費はまだ発表されていないが、ハイブリッド車や軽自動車を除くエンジン車では国内最高の30km/L(同)程度と予想されている。これでも十分低燃費だが、軽油はガソリンよりも2割程度安いので、燃料代で比較すればハイブリッド車とほぼ同等になる計算だ。価格も、日本経済新聞の報道によれば170万円程度と、アクアやフィット ハイブリッドとほぼ同水準と言われており、十分競争力がありそうだ。


コメント15件コメント/レビュー

排ガス規制に欧州と日本米国には大きな違いがあるのです。日本および米国に規制値は、欧州の規制値ユーロ5ではなく、はるかに厳しいユーロ6とほぼ同等です。ユーロ5の範疇では、特別なデバイスを追加せず、燃料噴射装置の細かい制御などでクリアできるので普及しました。これに対し日本米国ははるかに厳しい数値を要求しましたので、後処理(尿素水の使用等)が必要になりました。尿素水の補給場所の確保(GSの整備)が決まらない限り、普及は困難です。 欧州はこの配備を考慮して、ユーロ6の規制を遅らしていました。これが欧州でのデイーゼル普及と日本、米国の未普及の違いです。後処理の無いエンジンで排ガス規制が出来ればデイーゼル車も増えるでしょうが、マツダだけでは・・・・ トヨタ日産が出せればよいのですが、GSで燃料のほかに尿素水の補給を行うことに不便を感じなくなればよいのですが。 政府の規制の違いを考慮しないで、メーカーを攻めるのは、いかがでしょう。 スバルや日産トヨタも欧州で売っているのはユーロ5だからですよ。(2014/08/28)

「クルマのうんテク」のバックナンバー

一覧

「新型デミオの1.5Lディーゼル、小型車でも普及なるか」の著者

鶴原 吉郎

鶴原 吉郎(つるはら・よしろう)

オートインサイト代表

1985年日経マグロウヒル社(現日経BP社)入社、2004年に自動車技術の専門情報誌の創刊を担当。編集長として約10年にわたって、同誌の編集に従事。2014年4月に独立、オートインサイトを設立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

排ガス規制に欧州と日本米国には大きな違いがあるのです。日本および米国に規制値は、欧州の規制値ユーロ5ではなく、はるかに厳しいユーロ6とほぼ同等です。ユーロ5の範疇では、特別なデバイスを追加せず、燃料噴射装置の細かい制御などでクリアできるので普及しました。これに対し日本米国ははるかに厳しい数値を要求しましたので、後処理(尿素水の使用等)が必要になりました。尿素水の補給場所の確保(GSの整備)が決まらない限り、普及は困難です。 欧州はこの配備を考慮して、ユーロ6の規制を遅らしていました。これが欧州でのデイーゼル普及と日本、米国の未普及の違いです。後処理の無いエンジンで排ガス規制が出来ればデイーゼル車も増えるでしょうが、マツダだけでは・・・・ トヨタ日産が出せればよいのですが、GSで燃料のほかに尿素水の補給を行うことに不便を感じなくなればよいのですが。 政府の規制の違いを考慮しないで、メーカーを攻めるのは、いかがでしょう。 スバルや日産トヨタも欧州で売っているのはユーロ5だからですよ。(2014/08/28)

コメントで黒煙を心配されている方へ。マツダのクリーンディーゼルを含めてユーロ6対応のディーゼルは、マフラーには煤が全く付きません。どんな乗り方をしても、どうやっても黒煙は「絶対に出ない」レベルです。最新のディーゼルの排気ガスは、下手なガソリンのそれよりもきれいだそうで、技術の進歩は素晴らしいですね。(2014/08/28)

スバルがヨーロッパでBOXER DIESELを出したときには「国内も」と期待したが,出してくれなかった。他の方も書かれているが,HVは系が複雑になって本来の「自動車」とは違うし,複雑な分不具合も多くなる上,加減速が少ない高速道路ではその能力を十分には発揮できないので,私としてはあまり興味がない。やはりシンプルなディーゼルが増えることを期待したい。  なぜディーゼルHVが出ないのかと疑問を持たれた方へ。そもそもディーゼルでも重くなるのに,それにHVシステムを入れたらフロントヘビーも良いところ。少なくとも国内の(ガソリン車で言う)2.5Lクラスの車には使いづらい。3.0Lクラス以上の車にしか使えないでしょう(メルセデスが出したんだっけ?)。(2014/08/27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

国際交渉では、自国のことをよく知っていることが強みになります。

行天 豊雄 国際通貨研究所名誉顧問