• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

短パンをはいたら“とっちゃん坊や”?

大人の男性に合う短パンスタイルを伝授

2014年8月28日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

短パンは、ひざ丈がベスト

 ビジネスマンの皆さんは休日、街中に出かける時にはどのような私服を着ていますか。

 今はまだ残暑が厳しいので、少しでも暑さをしのげるように短パンスタイルで出かける人も多いのではないでしょうか。しかし街中での短パンスタイルは、思わぬ落とし穴にはまる危険があることを知っておくべきです。

 若い男性の間では最近、ショートパンツが流行しています。街角で見かける機会も増えたのではないでしょうか。中高年が街中で短パンをはいている姿はまだ少ないですが、少しずつ見かけるようになりました。

 短パン姿になると、スネ毛が露わになります。これを露出することが、女性の間では思った以上に評判が良くないのです。若い男性のスネ毛でさえ、嫌がる女性は多いと聞きます。それを中高年がやろうものなら、周囲の女性から非難の目で見られる可能性もあるでしょう。

 女性と一緒に街中に出かける場合、相手の心証を悪くすることも懸念されます。ですからどんなに暑くても、街中で短パンスタイルになるかどうかは慎重に考えなくてはなりません。

 ただ、一方で川や公園、森林、海といったアウトドアであれば、開放的な雰囲気の中で、短パンスタイルになることはむしろ自然です。短パンをはいても問題のないシチュエーションといえるでしょう。

 ただし、その場合でも注意点があることを忘れてはいけません。実は短パンは、通常の長さのパンツよりも着こなしが難しいのです。裾丈の長さや靴の種類、靴下の種類など、考慮する要素が多いためです。

 最初のポイントは裾丈の長さです。太ももが見えるくらい短いものは肌の露出面積が広く、インパクトが強すぎるのでオススメできません。一方で、七分丈に近いタイプは、裾口が細かったり、太かったりバリエーションが多くて着こなすのは意外と難しい。上級者向けのアイテムですから、避けるのが無難でしょう。

 最も簡単に選べる裾丈は、膝丈のものです。つまり膝が隠れるくらいの長さのもの。これなら肌の露出も許容範囲内で、見た目のバランスも良好です。

コメント2件コメント/レビュー

個人的にはすね毛はぜんぜんいただけません。毛が濃い人は、家の中以外でははかないでほしい。電車では、決して横に座ってほしくないです。それならハイソックスはいてくれ、足をひとにつけるな、膝を閉じて座れ」です。男性の方々気を付けてください。(2014/08/28)

「センス不要!ロジカル着こなし術」のバックナンバー

一覧

「短パンをはいたら“とっちゃん坊や”?」の著者

吉田泰則

吉田泰則(よしだ・やすのり)

ライフブランディング代表取締役

伊勢丹でメンズ館の立ち上げに参画し、伊勢丹メンズ館のバイヤーを務める。現在は独立し、男性専門ファッションコーディネートサービスを提供するライフブランディング代表。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

高橋 学

高橋 学(たかはし・まなぶ)

フリーライター

日経トレンディや日経ビジネスムック、ダイヤモンドオンラインなどで執筆。著書は『結局「仕組み」を作った人が勝っている』『「場回し」の技術』(光文社)など。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

個人的にはすね毛はぜんぜんいただけません。毛が濃い人は、家の中以外でははかないでほしい。電車では、決して横に座ってほしくないです。それならハイソックスはいてくれ、足をひとにつけるな、膝を閉じて座れ」です。男性の方々気を付けてください。(2014/08/28)

でもやっぱり、脛毛のモジャモジャが気になるんですよね…。難易度高いので短パンは諦めます(笑)。(2014/08/28)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長