• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

エボラ出血熱と、バイオテロ対策と、

長崎大学 熱帯医学研究所 新興感染症学(1)

2014年9月2日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

エボラ、マールブルグ、ラッサ、クリミア・コンゴなどの出血熱から、日本でも感染するインフルエンザ、ノロ、マダニから移るSFTSまで、ウイルス性の「新興感染症」の研究と新たな治療薬の開発を行い、バイオテロ対策への貢献で平成26年度の文部科学大臣表彰科学技術賞も受賞した安田二朗先生の研究室に行ってみた!(文=川端裕人、写真=的野弘路)

 長崎大学には熱帯医学研究所というエキゾチックな名前の研究所がある。

 感染症について調べ物をしていると、その名前に出会い、何をするところだろうと不思議に思う人は結構いるのではないだろうか。

 熱帯の医学研究をなぜ日本で「研究所」を構えてまで行うのか。なぜそれが長崎大学にあるのか。そもそも、熱帯医学って何をしているのか。

 謎だ。

バイオテロ対策に貢献

 そんな疑問を抱いていたところ、研究所の新興感染症学分野の研究主宰者、安田二朗教授が、感染症などを使ったいわゆるバイオテロ対策への貢献で、平成26年度、科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞(開発部門)を受けたことを知った。

 長崎、熱帯医学、バイオテロ対策。

 いったい、どんなことがここで起きているのだろうか、と更に謎が深まる。

 好奇心ではち切れんばかりになりつつ、安田教授の研究室を訪ねた。

 長崎大学医学部のキャンパスは原爆の爆心地に近く、ほとんど全滅の憂き目にあった旧長崎医科大学の敷地をひきついだものだ。大学病院も医学部キャンパスも、浦上天主堂などのモニュメントから徒歩圏内にある。

 熱帯医学研究所は、医学部キャンパスの奥まったところにたたずんでいた。建物入り口付近に掲げてある「表札」にずっしりとした歴史の重みを感じた。

コメント0

「研究室に行ってみた」のバックナンバー

一覧

「エボラ出血熱と、バイオテロ対策と、」の著者

川端 裕人

川端 裕人(かわばた・ひろと)

文筆家

1964年、兵庫県明石市生まれの千葉育ち。日本テレビの記者を経て作家に。『夏のロケット』が第15回サントリーミステリー大賞優秀作品賞、「SFマガジン」で「青い海の宇宙港」を連載中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の未来は、男性と同じ程度、女性のリーダーが作っていくものだと確信している。

ビル・エモット 英エコノミスト誌元編集長