• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

肩書きを目的にしないと、肩書きが得られる理由

人生の戦い方をロバート・カプラン教授に聞く(3)

2014年9月12日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 世界最高峰の経営大学院、ハーバードビジネススクールではリーダーシップをどのように教えているのか。「ハーバードのリーダーシップの授業」では、9月より教授との対談シリーズをスタートする。

 まず最初にご登場いただくのは、ゴールドマン・サックスの元副会長、ロバート・スティーブン・カプラン教授。同社在職中に、アジア・パシフィックのトップとして日本に5年間赴任したこともあり、日本への造詣も深い。現在、ハーバードでリーダーシップを教えるカプラン教授が、今年7月、『ハーバードの自分を知る技術 悩めるエリートたちの人生戦略ロードマップ』(阪急コミュニケーションズ)を上梓した。日本のメディアのインタビューを受けるのは今回が初めてという教授に、自分の人生のリーダーシップ、日本のリーダーシップについて聞いた。

(2014年6月23日、ハーバードビジネススクールにてインタビュー)

数多くの学生やエグゼクティブにリーダーシップを教えてきた。Robert Kaplan teaching in HBS Alumni Volunteer Leadership Conference, June 2013. Photo by Russ Campbell
ロバート・スティーブン・カプラン
Robert Steven Kaplan

ハーバードビジネススクール教授。専門はマネジメント。教鞭を執るかたわら、同校の対外関係担当部門の副学部長、ドレーパー・リチャーズ・カプラン財団の共同会長、インダバ・キャピタル・マネジメント社の創業者兼会長を務める。1983年から22年間に渡り、ゴールドマン・サックスで要職を務め、2002年から2005年まで、同社副会長。1990年から1994年まで、アジア・パシフィック・投資銀行部門のトップとして東京に駐在した。主な著書に『ハーバードの自分を知る技術 悩めるエリートたちの人生戦略ロードマップ』(阪急コミュニケーションズ)

肩書きを人生の目標にしない

佐藤:ここからは、人生のリーダーシップについてお伺いします。先生はハーバードビジネススクールを卒業するとき、自分がゴールドマン・サックスで副会長にまで登り詰めると予想していましたか?

佐藤智恵(聞き手)
1970年兵庫県生まれ。1992年東京大学教養学部卒業後、NHK入局。報道番組や音楽番組のディレクターとして7年間勤務した後、退局。2000年1月米コロンビア大学経営大学院留学、翌年5月MBA(経営学修士)取得。ボストンコンサルティンググループ、外資系テレビ局などを経て、2012年より作家/コンサルタントとして独立。2004年よりコロンビア大学経営大学院の入学面接官。ウェブサイト

カプラン:予想などしていませんでしたよ。その後、ハーバードビジネススクールの教授になったことも、副学部長になったことも、フィランソロピー企業の会長になったことも、すべて「想定外」の出来事です。ただ、「世の中によりよいインパクトを与えたい」という思いだけがあって、それを与えられた場で実現してきた結果です。そして今もその気持ちが私の仕事の原動力となっています。副会長とか、教授とか、そういう肩書きを追い求めてきたわけではないのです。そういうものは私のモチベーションになりません。

佐藤:ところが私たちは、肩書きを得ることを人生のゴールにしがちですよね。日本の大企業の人に、今後の目標は何ですかと聞いてみると、「何年後に部長になりたい」「できれば定年前の50代で役員になりたい」と言う人は多いのです。


カプラン:人間が仕事をするモチベーション(何を得るために働くのか)には、外発的な誘因と内発的な誘因があります。外発的な誘因とは、お金、肩書き、権威など、自分の外側から入ってきて、他人が自分を判断するときに見るもの。確かにそれらは魅力的ですが、外発的なものだけを目標に、日々働けません。

 内発的な誘因とは、仕事への興味、知的好奇心など、自分の心の中から湧き出てくるものです。私の場合はそれらをモチベーションとして、今も毎日働き続けているのです。外発的な誘因とはちがって、内発的な誘因は自分の心を満たすものなので、人によってそれぞれ違います。

 お金、肩書き、権威など外発的なものは、手に入れるのに何十年もかかるため、人生の目標として設定しやすいですが、それらを手に入れるには、内発的な誘因が不可欠なのです。例えば、貧しい人が1週間でお金持ちになる確率は限りなく低いですが、10年間一生懸命働きつづければ、その確率は大きく高まります。つまり、外発的な報酬は、内発的なモチベーションで働き続けた結果として得られるものなのです。

「ハーバードのリーダーシップの授業」のバックナンバー

一覧

「肩書きを目的にしないと、肩書きが得られる理由」の著者

佐藤 智恵

佐藤 智恵(さとう・ちえ)

作家/コラムニスト/コンサルタント

1992年東京大学教養学部卒。NHKにて番組ディレクターを務めた後、2000年1月米コロンビア大学経営大学院留学、翌年5月MBA取得。ボストンコンサルティング、外資系テレビ局などを経て2012年独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長