• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

座敷で靴を脱いだら嫌な臭い!

“鼻つまみ者”にならないための脱臭法

2014年9月11日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

外出時に有効な2つの臭い対策

 外回りでたっぷり歩いた後、夜の会合で座敷に入る前、靴を脱いで自分の足から発せられる嫌な臭いに戸惑った人もいるのではないでしょうか。靴の内部から、モワッとした臭いを漂わせてしまうと、本人も辛いでしょうし、同席した人も不快に感じるはずです。

 靴下に嫌な臭いが残っていますから、会食の間中、この臭いに悩まされることになります。そうなると、もはや接待どころではないでしょう。下手をすると、せっかくの美味しい食事やお酒も、足の臭いのせいで台無しになるかもしれません。取引先の心証が悪くなり、同僚の間でも「足の臭い人」という不名誉なレッテルを貼られかねない。

 まだ暑さが残る時期の靴の臭い対策は、自分が思っている以上に十分に実践する必要があるのです。では具体的にどんなことをすべきか伝授しましょう。

 簡単な対策として、とても有効なのが「替えの靴下」を持ち歩くことです。突然接待に呼ばれたり、飲み会に誘われたりしても、替えの靴下があれば安心です。少し早く会場に行って履き替えておけば、嫌な臭いを断ち切れます。

 さらに携帯型の靴用防臭スプレーを持ち歩くことも一つの手です。今日はたくさん歩いているなと思った時に、靴を脱いでシュッとひと吹き。そうすればニオイの元を軽減できます。替えの靴下と防臭スプレーという2つの保険があれば、外出先で万が一ニオイが生じた場合の、「発生時対策」は大方クリアできるでしょう。

ハンディタイプの携帯型靴用防臭スプレーは雑貨店などで購入できる(撮影:古立 康三、ほかも同じ)

コメント0

「センス不要!ロジカル着こなし術」のバックナンバー

一覧

「座敷で靴を脱いだら嫌な臭い!」の著者

吉田泰則

吉田泰則(よしだ・やすのり)

ライフブランディング代表取締役

伊勢丹でメンズ館の立ち上げに参画し、伊勢丹メンズ館のバイヤーを務める。現在は独立し、男性専門ファッションコーディネートサービスを提供するライフブランディング代表。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

高橋 学

高橋 学(たかはし・まなぶ)

フリーライター

日経トレンディや日経ビジネスムック、ダイヤモンドオンラインなどで執筆。著書は『結局「仕組み」を作った人が勝っている』『「場回し」の技術』(光文社)など。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

社長に就任してずっと言っているのが ファンダメンタルズの強化。

安形 哲夫 ジェイテクト社長