• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

カリスマのひらめきからイノベーション組織は生まれない

リンダ・ヒル教授に聞く(1)

2014年9月18日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2013年、Thinkers50「世界で最も影響力のある経営思想家50人」で、世界第8位にランクインしたのが、ハーバードビジネススクールのリンダ・ヒル教授。30年以上に渡って、同校のリーダーシッププログラムの発展に貢献してきた立役者だ。

 Thinkers50はイギリスで創設された経営思想家ランキング。アドバイザーチームと一般投票によって、隔年で選出されるこのランキングは、「経営思想界のアカデミー賞」とも言われる権威と影響力を持つ。今年 6月、アメリカで新刊『Collective Genius: The Art and Practice of Leading Innovation』(以下「コレクティブ・ジーニアス」)を上梓した教授に、イノベーションを起こす組織のリーダーシップ、リーダーシップの定義、そして、教授自身の人生のリーダーシップについて聞いた。

(2014年6月23日、ハーバードビジネススクールにてインタビュー)

「コレクティブ・ジーニアス」について語るリンダ・ヒル教授 (c) fyfephoto.com
リンダ・ヒル
Linda A. Hill

ハーバードビジネススクール教授。専門は経営管理。MBAプログラムのリーダーシップ部門や数多くのエグゼクティブ教育講座の主任教授を務める。リーダーシップ開発、人材管理、変革リーダーシップ、イノベーション、グローバル戦略遂行、組織横断型マネジメントを専門に、三菱商事、GE、アクセンチュア、ファイザー、IBM、マスターカード、モルガン・スタンレーなど世界的大企業のコンサルタント/教育者として活躍。共著書に『Collective Genius: The Art and Practice of Leading Innovation』(Harvard Business Review Press )『ハーバード流ボス養成講座―優れたリーダーの3要素』(日本経済新聞出版社)

イノベーションを起こす社風を創る

佐藤智恵(聞き手)
1970年兵庫県生まれ。1992年東京大学教養学部卒業後、NHK入局。報道番組や音楽番組のディレクターとして7年間勤務した後、退局。2000年1月米コロンビア大学経営大学院留学、翌年5月MBA(経営学修士)取得。ボストンコンサルティンググループ、外資系テレビ局などを経て、2012年より作家/コンサルタントとして独立。2004年よりコロンビア大学経営大学院の入学面接官。ウェブサイト

佐藤:新刊『コレクティブ・ジーニアス』では、グーグル、ピクサーアニメーションスタジオ、ファイザー、フォルクスワーゲンなどの事例を取り上げ、イノベーションを起こし続ける組織のリーダーには、“特別な”リーダーシップが必要だと述べています。いわゆる通常のリーダーシップとはどう違うのでしょうか?

ヒル:「リーダーはビジョナリーであるはず」と多くの人が考えています。ビジョンを現実化し社会に貢献する人こそリーダーで、会社での役割は、ビジョンを掲げ、社員に伝え、ビジョンを達成するように啓発することだと。しかし、実際、このようなリーダーシップだけでは、イノベーションを起こし続ける組織を創り上げることはできません。もちろんビジョナリーであることは必要かもしれませんが、それだけではだめなのです。イノベーションを起こす組織のリーダーの役割は、人々が革新的な仕事を喜んで出来るような環境をつくりあげることなのです。

 例えば、ベンチャー企業の成長がとまってしまう理由の一つが、一人のビジョナリーリーダーに頼りすぎてしまうことです。次の革新的なビジネスモデル、製品、サービスを開発するのは、当然リーダーの役割だと思い、社員は努力を怠ってしまう。そうすると、イノベーションを起こす能力が、一人のリーダーの視点やビジョンに限定されてしまい、成長もとまってしまうのです。

 だからこそ、リーダーは、「自分はビジョナリーかもしれないが、イノベーションを起こし続け、競争力のある組織を構築するためには、まず革新的なアイデアを支援する社風や組織力を創造しなくてはいけない」と理解しなくてはなりません。

コメント0

「ハーバードのリーダーシップの授業」のバックナンバー

一覧

「カリスマのひらめきからイノベーション組織は生まれない」の著者

佐藤 智恵

佐藤 智恵(さとう・ちえ)

作家/コラムニスト/コンサルタント

1992年東京大学教養学部卒。NHKにて番組ディレクターを務めた後、2000年1月米コロンビア大学経営大学院留学、翌年5月MBA取得。ボストンコンサルティング、外資系テレビ局などを経て2012年独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

富士山を目標にする人はいつか富士山には登れるでしょうが、エベレストには登れない。

澤田 秀雄 エイチ・アイ・エス会長兼社長、ハウステンボス社長