• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

『もういちど読む』を、改めて読む

始まりは「もったいない」@「日本史の山川」本社

2014年10月16日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ボクとS巻、そしてY瀬の3人は歴史教科書で知られる山川出版社にお邪魔していた。取締役編集部長の曽雌健二さん、取締役の野澤武史さん、編集部課長代理の鈴木史郎さんの3人から、お話を伺っているところである。

左から、野澤さん、曽雌さん、鈴木さん。取材時の席の並びを再現してみました。

 その話は、現役の高校生が使っている教科書から、同社が一般向けに販売している『もういちど読む』シリーズに移りつつあった。2009年に発売され、大いに話題になった『もういちど読む 山川日本史』に代表される、あのシリーズだ。

 ここに至るまでは、もしよろしければ前回をお読み下さい。

2冊は双子?兄弟?親子?いや、義理の親子?

 ボクはてっきり、この稀代のアイデア商品『もういちど読む 山川日本史』の内容は、現役日比谷高校生も使っている『詳説日本史』(日本史B)と同じだと思っていた。

 しかし、実際は違う。山川さん(=曽雌さん、野澤さん、鈴木さん)が説明してくれる。

「もったいない」。すべてはそこから始まった

山川:教科書というのは、学習指導要領が変わるたびに変わります。指導要領が変わると、前の指導要領に準拠してつくった教科書は、使えなくなるわけです。絶版です。

成毛:もったいないですね(Y瀬とS巻が大きく頷いている。そりゃ絶版が好きな編集者はいないわな)。

山川:ええ、もったいない。ですからそれを、一般向けに表紙を変えて、レイアウトも変えて、加筆をして販売したのが『もういちど読む』シリーズです。

成毛:ということは、『もういちど読む』は、現役高校生が使っているものより、一つ前のバージョンを元にしている。

山川:そうです。

 知らなかった。一つ前のバージョンをブラッシュアップさせたものが、『もういちど読む』シリーズなのだ。なお、いくらかでも社の売上げに貢献したらいいなという気持ちで始めたというこのシリーズはヒットしすぎたため、今では他社にまで広がって、やはり教科書でおなじみの数研出版からも数学や理科系の『もういちど読む』が市販されている。

コメント5

「教科書を追え!  成毛探偵社」のバックナンバー

一覧

「『もういちど読む』を、改めて読む」の著者

成毛 眞

成毛 眞(なるけ・まこと)

成毛探偵社代表

1955年生まれ。書評サイトHONZ代表、インスパイア取締役ファウンダー、スルガ銀行社外取締役、早稲田大学ビジネススクール客員教授、元マイクロソフト社長。2014年、成毛探偵社代表に就任。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

現在の携帯電話は、昔の電話と比べて100倍豊かでしょう。クルマもきっとそうなります。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO(最高経営責任者)