• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

女性は苦手? “会議を仕切る”スキルを身に付ける

仕込みを怠らず、「5W2H」で論点を作る

2014年10月6日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 最近、久しぶりに不毛な会議に出席しました。1つ目の会議は、ある企業の「来年度の部の方針についてのディスカッション」というもので、1年半ほど前に部門長に昇進した女性管理職の方が主催でした。私はオブザーバーとして出てほしいと、その会社の常務から強く頼まれて出席しました。事前に詳しい内容は貰えなかったので、どうなるのかと心配していたのですが、悪い勘は当たりました。

 会議が始まるとすぐに、女性部門長が「今日はお集まりいただきありがとうございます。来年度の部の指針を決めなくてはいけないので、みなさんの意見を出してください」と、出席者に発言を促します。しかし、資料が何も用意されていないので、出席していた20数名は顔を見合わせます。困ったマネジャーの1人が、「今年度までの状況を説明の上、部長ご自身がどう考えているか、まず聞かせてください」と声をあげました。

 すると、部門長は、「私にはよく分からないんです。去年は、人が作ったのをそのままやっていたわけですし……」と消え入りそうな声で言うではありませんか。その後、「みなさんがどうしたいかを聞いてプランにしますので、各チームから意見を出してください」と再度発言を促しました。

 会議は2時間近く続き、各チームのマネジャーを中心にいろいろな意見が出てきましたが、どれも中途半端な説明や議論にとどまり、結局、実現できそうなプランは1つも出て来ませんでした。その中で「こういうのを軸に据えてはどうですか?」と提案をする人もいたのですが、女性部門長は「持ち帰って検討してみます」と言うだけで、その場では何も決めませんでした。結局、2時間をほぼ無駄にした会議でした。

 同じ週に出た別の企業の女性マネジャーから依頼された会議は、「秋山さんの仕事のために、どうしても知り合いとお引き合わせしたい」という趣旨で設定されました。私の仕事のどういう領域についてお話したらよいのか事前に聞いてみたのですが、「何も用意しないで大丈夫です」と言うばかりなので、プロフィールを1枚の紙にまとめたものを用意して出かけて行きました。そうしたら、その会社の新商品開発のアイデア出しの会議でした。

 アイデア出しのための事前準備がほとんど何もされておらず、呼ばれた人は最近観た映画の話だったり、最近買ったストッキングの話だったりと、いわゆる女子のランチ会状態。ブレインストーミングとはほど遠い、ただのおしゃべりで終わりました。

女性マネジャーは“会議の仕切り”が苦手?

 この両方の会議に共通していたのは、女性の部長が主催だったことです。「男性だったらこういう会議のやり方をしたのかなぁ?」と疑問に思いました。もちろん、男性の会議のファシリテーターでダメダメな例も数多く見てきましたし、上手に会議を仕切る女性も多くいます。ただ、私のこれまでの経験から言うと、しっかりとトレーニングを受けているか、自分でよほど注意している人以外は、男性の方が会議の仕切りは上手い例が多いと感じています。実際、

  • 「目的をはっきり言わない」
  • 「自分の意見を一方的に言う」
  • 「意見を求めてアクションをまとめない」
  • 「とりとめのない話で終わる」
  • 「簡単な話をだらだらと説明する」
  • 「批判的な意見が出ると感情的に振る舞う」
  • 「威厳を見せようと威圧的な態度で臨む」

 ……など、女性マネジャーが失敗する典型的な会議での振る舞いは、挙げればきりがありません。

コメント7件コメント/レビュー

「批判的な意見が出ると感情的に振る舞」い、「威厳を見せようと威圧的な態度で臨む」女性上司に悩まされている部下です(私も女性)。普段は決して話がわからない人ではないだけに、逆にここというポイントで常にはしごを外されるという危機感を植え付けられてしまいました。私自身は長い間男性上司ばかりで、それぞれに感情的になられたり、非論理的な押し付けをされたりという経験もしてきましたが、今の女性上司に代わってから、それまで経験したことがないような反応をされることが多く(失敗の原因究明や恒久対策には触れずに失敗を過度に叱責したり、人格批判に近いようなダメ出しをする等)、ストレスが絶えません。永遠に感情的な相手なら、この人はこういう人だと割り切れるのですが、少し時間をおいて意外と常識的な解決策を提案してきたりするので、先ほどのヒステリックな反応は何だったのだろうかと、余計に混乱させられます。このような上司との上手な付き合い方も取り上げていただけると幸いです。(2014/10/08)

「秋山ゆかりの女性キャリアアップ論」のバックナンバー

一覧

「女性は苦手? “会議を仕切る”スキルを身に付ける」の著者

秋山 ゆかり

秋山 ゆかり(あきやま・ゆかり)

事業開発コンサルタント・声楽家

ボストン・コンサルティング・グループの戦略コンサルタントを務めた後、GE Internationalの戦略・事業開発本部長、日本IBMの事業開発部長などを歴任。コンサートのプロデュースや演奏も行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「批判的な意見が出ると感情的に振る舞」い、「威厳を見せようと威圧的な態度で臨む」女性上司に悩まされている部下です(私も女性)。普段は決して話がわからない人ではないだけに、逆にここというポイントで常にはしごを外されるという危機感を植え付けられてしまいました。私自身は長い間男性上司ばかりで、それぞれに感情的になられたり、非論理的な押し付けをされたりという経験もしてきましたが、今の女性上司に代わってから、それまで経験したことがないような反応をされることが多く(失敗の原因究明や恒久対策には触れずに失敗を過度に叱責したり、人格批判に近いようなダメ出しをする等)、ストレスが絶えません。永遠に感情的な相手なら、この人はこういう人だと割り切れるのですが、少し時間をおいて意外と常識的な解決策を提案してきたりするので、先ほどのヒステリックな反応は何だったのだろうかと、余計に混乱させられます。このような上司との上手な付き合い方も取り上げていただけると幸いです。(2014/10/08)

この記事のように傾向は傾向、区別は区別として、自ら対処する事で平等とする事には好感を持った。男性にも居るとか(傾向問題)、女性差別(区別と差別を蝙蝠のように使い分ける)と脊髄反射のように反撃する反応が少なくないだけに。先日の御嶽山への89式装甲戦闘車投入で、少しでも安全に突入出来る車両を持って来たのを、絶対安全じゃないから無駄と言い、かといって安全でないから救助に人を投入するなと言っていないという色々残念な思考を見せ付けてしまった人が居たように。好き嫌い(感情論)か、定義か論理が破綻しているのを見ると。(2014/10/06)

池上彰さんが『こうすれば発表がうまくなる (こどもスーパー新書) 』で、「話の地図を相手に渡そう」と言ってたのを思い出しました。(迷亭寒月)(2014/10/06)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長