• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

完全自動運転が実現したら、世の中はどう変わるのか

自動車産業の「定義」が変わる

2014年10月7日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

トヨタ自動車が、2014年9月に開催された「第21回ITS世界会議デトロイト2014」に出展した自動運転の実験車両。時速70マイル(約110km/h)で高速道路を車間距離・車線を自動的に維持しながら走行できる。

 前回と同様、始めにお詫び申し上げる。今回のこのコラムは、宣伝である。著者の初めての著書となる『自動運転 ライフスタイルから電気自動車まで、すべてを変える破壊的イノベーション』が、ちょうどこの連載が掲載される10月7日に発売された。この本のテーマは、運転者を必要としない完全自動運転が実現したら、果たして世の中はどう変わるのか、である。今回は、この本の内容のさわりを紹介しながら、この問題について考えていきたいと思う。

クルマは「無人タクシー」になる

 自動運転は、現在クルマの技術を巡る最大の話題といっていい。世界の完成車メーカーや大手部品メーカーが実験車両を製作し、公道試験を競って実施している。しかし、この技術が実用化したとき、その先にどんな世界が広がっているのかについて書いている書籍は、少なくとも筆者が知る限りほとんどない。ならばそれを考えてみたいと思ったのが、本書を執筆した動機だ。

 筆者はこの書籍で、もし人間の運転者を必要としない完全な自動運転が実現した場合、2つの大きな変化が起こると予測した。1つは、クルマの主流が自家用車から運転手のいない「無人タクシー」になること、もう1つが、クルマの主流がエンジン車から電気自動車(EV)になることである。

 始めに断っておきたいのだが、筆者はこう予想しているものの、「こうなって欲しい」と思っているわけではない。実際にはむしろ逆である。筆者の愛車は、もう購入から10年を超える何の変哲もない国産車だが、とても愛着を感じているし、アクセルを踏み込んでいったときの、エンジン回転が上昇していく感触も好きだ。しかし、そうした個人的な思いとは逆の方向に世の中は動いている、そう思わざるを得ない。

コメント7

「クルマのうんテク」のバックナンバー

一覧

「完全自動運転が実現したら、世の中はどう変わるのか」の著者

鶴原 吉郎

鶴原 吉郎(つるはら・よしろう)

オートインサイト代表

1985年日経マグロウヒル社(現日経BP社)入社、2004年に自動車技術の専門情報誌の創刊を担当。編集長として約10年にわたって、同誌の編集に従事。2014年4月に独立、オートインサイトを設立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

グローバル市場でいい仕事をしたければ、まず「世界に通用する見識」を磨くことだ。

中谷 巌 「不識塾」塾長、一橋大学名誉教授