• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

リンカーンとスティーブ・ジョブズの意外な共通点

ゴータム・ムクンダ助教授に聞く(1)

2014年10月16日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ゴータム・ムクンダ
Gautam Mukunda

ハーバードビジネススクール助教授。専門は組織行動。MBAプログラムにて1年目必修科目である「リーダーシップと組織行動」を教えている。リーダーシップ、国際関係論、技術革新の政治・社会への影響を専門に研究。元マッキンゼー・アンド・カンパニーのコンサルタント。近著に"Indispensable: When Leaders Really Matter," (Harvard Business Review Press 2012).

 2012年に著書『インディスペンサブル』(原題)を上梓したハーバードビジネススクールのゴータム・ムクンダ助教授。リンカーン、チャーチルなど過去のリーダーを検証し、リーダーは代替可能な人(=ディスペンサブル)と代替不可能な人(インディスペンサブル)の2つに分類されると結論づけた本が話題を呼び、英BBC、米CNBC、ワシントンポストなど、多くのメディアでとりあげられた。『イノベーションのジレンマ』の著者として有名な同校のクレイトン・クリステンセン教授は、「これはすごい本だ。この本を読んで自分があまりにもリーダーの選抜方法について単純に考えてきたことが分かった」と絶賛したほどだ。

 ムクンダ助教授に、著書『インディスペンサブル』、日本のリーダーシップ、授業「リーダーシップと組織行動」について話を伺った。

アメリカ大統領も日本の首相も“誰がやっても同じ”?

佐藤:著書『インディスペンサブル』にも書かれているとおり、先生は歴史的な観点からリーダーシップを研究されていますね。

ムクンダ:ビジネス、政治、科学など分野にかかわらず、「大組織のリーダー」を専門に研究しています。私が特に知りたいのは、個人がどういうときに世界を変革できるかについてです。同じリーダーでも“求められている”時代と場所に生きた場合と、“求められていない”時代と場所に生きた場合、結果が全く違ってくるのです。前者は吉となり後者は凶となります。個人の特性が影響力を与えるのはどういうときか、組織の大きな力が影響力を与えるのはどういうときか、研究を続けています。

佐藤 智恵(聞き手)
1970年兵庫県生まれ。1992年東京大学教養学部卒業後、NHK入局。報道番組や音楽番組のディレクターとして7年間勤務した後、退局。2000年1月米コロンビア大学経営大学院留学、翌年5月MBA(経営学修士)取得。ボストンコンサルティンググループ、外資系テレビ局などを経て、2012年より作家/コンサルタントとして独立。2004年よりコロンビア大学経営大学院の入学面接官。ウェブサイトはこちら

佐藤:私は著書を原文で読みましたが、日本の読者の方々が読んだら驚くようなことも書かれていますね。アメリカ大統領でさえ、所詮「代替可能」なのだとおっしゃっています。リーダーは「代替可能」と「代替不可能」の2つの分類に分けられるとのことですが、この2タイプのリーダーの違いは何なのでしょうか?

ムクンダ:たとえば、リンカーンとスティーブ・ジョブズは代替不可能です。リンカーンがいなかったら、アメリカ合衆国は全く違う国になっていただろうし、スティーブ・ジョブズがいなければ、アップルは存在しなかったでしょう。

 他にも彼らと同じような著名なリーダーもいますが、よく見てみると意外に皆「代替可能」であることが分かります。別の人が同じ状況に置かれても、同じ選択をしただろうというケースが多いのです。例えば、トーマス・ジェファーソン元大統領は、教養豊かな人生を送った人でしたが、アメリカにとってそれほど重要な大統領ではなかったと思います。彼がひどい大統領だったということではありません。実際彼は素晴らしい仕事をしたのですが、他の人が大統領でも同じことをしただろうと思うのです。「代替可能」というのはトーマス・ジェファーソンのようなリーダーのことです。

コメント0

「ハーバードのリーダーシップの授業」のバックナンバー

一覧

「リンカーンとスティーブ・ジョブズの意外な共通点」の著者

佐藤 智恵

佐藤 智恵(さとう・ちえ)

作家/コラムニスト/コンサルタント

1992年東京大学教養学部卒。NHKにて番組ディレクターを務めた後、2000年1月米コロンビア大学経営大学院留学、翌年5月MBA取得。ボストンコンサルティング、外資系テレビ局などを経て2012年独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

このままじゃ、高級魚のクロマグロばかりでなく、より身近なマグロのメバチやキハダもいなくなる。

高松 幸彦 マグロ一本釣り漁師