• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

プリントネクタイは古くさい?

マトリクスを使って適切なネクタイを選ぼう

2014年10月9日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

プリントタイは要注意

 皆さんは、日々締めるネクタイをどのように選んでいますか?

 「あまり深く考えずに買ったものを身に付けている」「プレゼントされたネクタイを締めている」という声が多いのではないでしょうか。けれど、率直に言うといずれも危険かもしれません。知らないうちに相手にマイナスの印象を与えている可能性があるからです。

 改めて、自分が持っているネクタイを見直してみてください。社会人になってから年月が長くなるほどネクタイの数も増えるもの。その中には、動物柄やロゴなどを生地にプリントした、いわゆる「プリントタイ」と呼ばれるネクタイもあるかもしれません。

 プリントタイは表面に凹凸感がなく、ツルツルしていることが特徴です。それに対し、経糸と緯糸を織ることによって凹凸のある模様を出すネクタイを「ジャカードタイ」といいます。お手持ちのネクタイはこの2種類のいずれかだと思います。プリントタイの場合、駅前の紳士服店などで安く購入できることもあるので、急にネクタイが必要になって間に合わせで買ったという人もいるでしょう。

 問題はプリントタイの場合、デザインが派手だったり、奇抜だったりすることが多い点です。つまり、インパクトが強すぎる傾向がある。さらに、プリントタイはひと昔前に流行っていたこともあり、実際よりも少し老けて見られてしまうこともあるでしょう。そのため、プリントタイを選ぶ時には少し注意が必要です。

柄が派手で表面がツルツルしているプリントタイは少し古くさいイメージになることもある(撮影:古立 康三)

コメント0

「センス不要!ロジカル着こなし術」のバックナンバー

一覧

「プリントネクタイは古くさい?」の著者

吉田泰則

吉田泰則(よしだ・やすのり)

ライフブランディング代表取締役

伊勢丹でメンズ館の立ち上げに参画し、伊勢丹メンズ館のバイヤーを務める。現在は独立し、男性専門ファッションコーディネートサービスを提供するライフブランディング代表。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

高橋 学

高橋 学(たかはし・まなぶ)

フリーライター

日経トレンディや日経ビジネスムック、ダイヤモンドオンラインなどで執筆。著書は『結局「仕組み」を作った人が勝っている』『「場回し」の技術』(光文社)など。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップ自らが矢面に立つことで、問題は次第に収束していきました。

佐々木 眞一 日本科学技術連盟理事長、トヨタ自動車顧問・技監