• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

アマゾン受注前予測発送の衝撃

商業版インダストリー4.0の幕開け

2014年10月8日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 あなたはソファーで寝転びながら、スマホを使ってお菓子を注文する。当日配送といっても、早くても夕方くらいか。そう思っていると突然ドアベルが鳴る。「宅配便です」と訪問者は言う。「なぜこんなに早く配送できたんだ?」と聞くと、彼は「そろそろ注文なさると思いましてね」と答える。

 あなたがスマホを眺めていると、ある作家の記事が炎上していた。この作家は暴言が多そうだ。過去の記事を読むと、スルーされてきた数々の暴言がある。この作家の本を読めばネタになるだろう。あなたはさっそく書籍を注文する。すると、またしてもドアベルが鳴る。書籍の配達だった。「なぜ、こんな早く?」。配達人は「そろそろこの作家が気になるんじゃないかと思いましてね」と答える。

 クリスマスイブの夜、あなたは彼女と良い雰囲気になる。ちょっと酔わせてみたくなったあなただが、安酒しか持っていない。あなたは、スマホから高級なシャンパンを注文する。すると驚いたことに、やはりすぐさまドアベルが鳴る。「やっぱり予想していたのか?」。配達人は、「そろそろ旦那が彼女とお楽しみになるんじゃないかと思いましてね」。「まったく呆れたよ」。

 これは何も小説上の出来事ではない。こういった状況が現実化しようとしている。なんと配送人は、あなたが注文する前に、あなたが何を注文するかを知っているのだ。そして、この取り組みの先端にはまたしても米アマゾン・ドット・コム(以下「アマゾン」)がいる。

 アマゾンは2012年に「method and system for anticipatory package shipping」なる特許を申請した。そして、特許は2013年のクリスマスイブに付与された。アマゾンにとってクリスマスプレゼントとなった。この「anticipatory package shipping」とはなんだろうか。直訳すれば「予想された荷物の配送」=「予測発送」だ。「お客が注文すらしていないのに、注文を予測して配送する」手法とシステム。アマゾンはネット注文の当日配送にも飽きたらず、極限までの速さを志向しているのだ。

 その極限の速さとは、注文からの即納品。あるいは注文もしていないのに、ほしい商品を届けてあげることだ。

コメント7件コメント/レビュー

まぁ、挑戦してみなければ、その障害となるものの洗い出しも出来ないですからね。。。。 と、理解を示して居るような冒頭ですが、他のコメントにもある様に私も「そんな事の前におすすめの精度上げやがれ!!」ってのが本音。 そもそも、PCサイトも含めて歴史小説の類と実用本とスポーツ系のコミックしか買ってないのに、なんでKindleでストアいくとおすすめが18禁コミックばかりなんだ!? 挙句には続編の発売日だというのにおすすめしてくれないから、自分で検索して買っている事も多い。 絶対に予測ロジックおかしいですから!!(2014/10/08)

「目覚めよサプライチェーン」のバックナンバー

一覧

「アマゾン受注前予測発送の衝撃」の著者

坂口 孝則

坂口 孝則(さかぐち・たかのり)

調達・購買コンサルタント

大阪大学経済学部卒業後、電機メーカー、自動車メーカーに勤務。原価企画、調達・購買、資材部門に従業。調達・購買関連書籍23冊を上梓。2010年、調達・購買コンサルタントとして独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

まぁ、挑戦してみなければ、その障害となるものの洗い出しも出来ないですからね。。。。 と、理解を示して居るような冒頭ですが、他のコメントにもある様に私も「そんな事の前におすすめの精度上げやがれ!!」ってのが本音。 そもそも、PCサイトも含めて歴史小説の類と実用本とスポーツ系のコミックしか買ってないのに、なんでKindleでストアいくとおすすめが18禁コミックばかりなんだ!? 挙句には続編の発売日だというのにおすすめしてくれないから、自分で検索して買っている事も多い。 絶対に予測ロジックおかしいですから!!(2014/10/08)

おもしろい。 予測発想とドローンを組み合わせれば、さらに(在庫・返品)リスクを減らせそうですね。 ふと空を見上げれば、(受注以前の)需要を待っているドローンが多数巡回しているような世界になるのかも。   また別の観点ですが、この受注前予測発想は、バスやタクシーに応用が効きますね。 家を出たら既にそこにタクシーやバスが来ている(当然無人運転のもの)、というように。(2014/10/08)

実現すれば便利なサービスだが、「今なら1時間以内に受け取り可能です」と表示されたら、つい買いすぎてしまいそうな不安は強く感じる。ちなみにアマゾンの売れ筋商品である『2リットルPETミネラルウォーター6本組』は、私は毎回最安値の商品を選んで注文するので、単品での需要予測ではなく購買アルゴリズムまで考慮した需要予測が必要となろう。(2014/10/08)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授