• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

嵐の夜の猛省「なぜもっと頭を使わないのか」

第5回:ソマリランドの大学院構想は空中分解寸前

2014年10月15日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 途上国の貧しい学生にも教育の機会を提供しようと、2010年から映像を使って授業を行う「e-Education」プロジェクトを手掛けてきた税所篤快さん。

 早稲田大学を卒業し、ロンドン大学の大学院である教育研究所(Institute of Education: IOE)に進学する。準備コースに入ったものの、物価高、英語が通じないなどのカベにぶち当たる。そして、自らが力を入れるソマリランドプロジェクトも、空中分解寸前の危機に追い込まれる。

 こんにちは、税所篤快です。

 前回は東京で開いた「ソマリランドでの大学院開設プロジェクト」の説明会で、師匠である米倉誠一郎・一橋大学イノベーション研究センター教授が反対して怒っていたことをお話ししました(詳細は前回をご覧ください)。

 そのイベント後、僕自身はいったんロンドンに飛び立ちます。つまり、第1回でご紹介した話ですね(話の順番が分かりにくくてすみません)。そして、ロンドンでバナナ・ホームレス生活をスタートしたことをご報告しました(詳細はこちらをご覧ください)。

 今回はロンドンからの記念すべき第1回目の遠征となるソマリランド渡航の話をします。ロンドン大学での大学院(IOE)準備コースの3週間目を迎える朝、僕は世界各地から集まる同級生に報告しました。「今日からソマリランド遠征に行ってくる!」「What!??」「Today!?」と口々に驚くクラスメート。もうすでに僕のプロジェクトを知っているサウジアラビアの敏腕女性教頭のアフードが「アツは2週間として同じところにいられないのよ。」とジョークでみんなを笑わせました。

 このコースの初日に、僕は担任のレスリー先生に今回の遠征のことを伝えていました。「ソマリア!? ソマリアでいったい何を?」と驚きを隠さなかったレスリー先生もプロジェクトを説明すると「しょうがないわね。例外的に1週間だけ認めましょう。ただし1週間で必ず帰ってきてよ」と許可をくれたのです。

入学から2週間で自主休講

 こうして僕は入学から2週間で例外的に「自主休校」することになったのです。今回のソマリランド遠征にはずらすことができない理由がありました。僕の師匠である米倉先生が8月8~10日にソマリランドに来ることが決まっていたのです。

 ただ、英語の担任、バイオレット先生は渋い顔をしました。「アツ、あなたの情熱は認める。ソマリランドに行くことが止められないのも分かっている。でも、あなたは準備コースでは、最後尾を走っていることを忘れないで。テキストをソマリランドに持っていきなさい」とキツい一言。バイオレット先生は2週間で2回、英語のエッセイを見て、毎回クラスで最底辺であること、どうやったら改善できるかを検討することなど厳しいコメントを記し続けていました。「早く帰ってキャッチアップしないと、あなたは大学院準備コースで落ちこぼれるわよ」。

 こうして僕はクラスメートたちによる熱い見送りをIOEのロビーで受けることになりました。おちゃらけキャラの同級生、トルコ人教師のバッハが
「アツ、もう君と会えないなんて(笑)」
とみんなの笑いを誘うと、最年少である中国人留学生スターが
「絶対に無事に帰ってきてよ」
と真剣に心配そうな顔をしています。

 最後にチリのカリスマ美術教師であるアメリアが僕の耳元でいたずらっぽくささやきました。

「アツ、テキストを持っていってもムダよ。あなた、現地で絶対勉強なんかしないでしょ(笑)」

コメント1

「バングラの“ドラゴン桜”英国へ」のバックナンバー

一覧

「嵐の夜の猛省「なぜもっと頭を使わないのか」」の著者

税所 篤快

税所 篤快(さいしょ・あつよし)

「e-Education」創業者

NGO「e-Education」創業者。1989年、東京都足立区生まれ。早稲田大学卒業後、英ロンドン大学教育研究所(IOE)修士課程に在籍。同NGOは映像授業を活用しバングラデシュなど17カ国で教育支援を実施している

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

プロフェッショナルとして、勝負どころで安易に妥協するなら仕事をする意味がない。

手嶋 龍一 作家・ジャーナリスト