• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

請求書をごまかして逮捕される人の“脳内錯覚”

サンドラ・サッチャー教授に聞く(2)

2014年11月6日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

サンドラ・サッチャー Sandra Sucher
ハーバードビジネススクール教授。専門はマネジメントプラクティス。MBAプログラムにて必修科目「リーダーシップと企業倫理」、選択科目「モラルリーダー」、エグゼクティブプログラムにて「テクノロジーとオペレーションマネジメント」等を教えている。現在は、人件費、人員整理、解雇の代替手段等を専門に研究活動を行っている。ファイリーンズ社(老舗デパート)、フィデリティ・インベストメンツ社などで25年間に渡って要職を務めた後現職。著書に“Teaching The Moral Leader A Literature-based Leadership Course: A Guide for Instructors” (Routledge 2007), and “The Moral Leader: Challenges, Tools, and Insights” (Routledge 2008)

 学生から圧倒的な人気を誇る教授である。ハーバードの学生に「誰のリーダーシップの授業がよかった?」と聞くと、必ずサンドラ・サッチャー教授の名前があがる。そして、2014年5月の最終講義は伝説的だったと皆、口を揃える。

 リーダーシップの専門家として数多くの講座を受け持つサッチャー教授だが、特にリーダーの決断とモラルについて議論する選択科目「モラルリーダー」は教授の代名詞とも言える。「わが命つきるとも」「日の名残り」「キャサリン・グラハム わが人生」など、舞台、文学、自伝から“倫理的に究極の決断をしたリーダー”について学ぶ授業で、広島へ原爆投下を決断したトルーマン元大統領についても取り上げている。

 「モラルリーダー」とはどんなリーダーなのか、なぜ倫理やモラルを教えているのか、そして伝説的だったと言われる最終講義について、話を伺った。

(2014年6月24日 インタビュー)

普通の市民が不正会計で逮捕される

佐藤智恵(聞き手)
1970年兵庫県生まれ。1992年東京大学教養学部卒業後、NHK入局。報道番組や音楽番組のディレクターとして7年間勤務した後、退局。2000年1月米コロンビア大学経営大学院留学、翌年5月MBA(経営学修士)取得。ボストンコンサルティンググループ、外資系テレビ局などを経て、2012年より作家/コンサルタントとして独立。2004年よりコロンビア大学経営大学院の入学面接官。ウェブサイトはこちら

佐藤:先生は「リーダーシップと企業倫理」の授業で使用される教材、「クリス・ウェストンとアリソン・ウェストン」を共同執筆されましたね。大企業に勤める夫クリスが、妻アリソン名義の会社を設立して、仕事を発注することにした。クリスの退職後に架空請求による横領が発覚し、夫妻は逮捕されたという実話ですね。この事例にインパクトを受けたと言う学生は多いですが、そもそもなぜこの夫妻を取り上げようと思ったのですか?

サッチャー:自分と同じような普通の人たちがいとも簡単に罪を犯しうるのだということを示したかったからです。卒業後、同じような誘惑にかられる可能性は十分にあるということを“普通の市民”の犯罪事例を使って伝えたいと思いました。

 ウェストン夫妻に最初に出会ったのは講演会です。私は夫妻があまりに普通の人だったのに驚きました。“いかにも悪いことをしそうな人”ではないのです。夫妻は、逮捕された経緯について淡々と話し、その話にはとても説得力がありました。これは良き市民、悪気のない市民が冒しうる不正の典型で、授業に取り入れるべきだと思いました。

佐藤:彼らに罪の意識はなかったのでしょうか?

サッチャー:スタンフォード大学のアルバート・バンデューラ名誉教授が“道徳離脱”についての論文を書いていますが、人間が悪いことをしているという認識すらなく悪いことをしてしまうのは、脳が錯覚をおこすからだそうです。私はこの論文を読んだときに、この研究結果を学生に伝えなければと思いました。気をつけないと脳が錯覚して、悪いことをやっているのに、悪いことをやっていないと思ってしまうのです。この事例は、道徳離脱の過程を具体的に知るのにとても役立つのです。

佐藤:どのような経緯で“道徳離脱”を起こしたのでしょうか?

サッチャー:逮捕された夫は、「会社の仕事に役立てるためにやっただけだ。皆、同じようなことをやっていた」と言いました。これはまさに自分のモラルの正当化ですね。バンデューラ教授はこれを“責任の分散”と称しています。「私だけがおかしなことやっているのではない。皆だってやっている。だから私がやったっていいですよね」という論法です。次に、「自分よりこの人のほうがずっと悪いことをやっている」と自分にとって都合がよいように比較をはじめます。この他者との比較は、自分の行為を些細なこととして認識するために行います。“責任の分散”に“都合のよい比較”。こうした“道徳離脱”の過程を学生は教材を読みながら分析していくわけです。

佐藤:夫妻は見たところ、ごく普通の人だったとおっしゃいましたね。それなのに、なぜ普通じゃなくなってしまったのでしょうか?

サッチャー:最初は小さな不正行為からはじまったそうです。それが積み重なって、エスカレートして、逮捕されるような犯罪行為となってしまった。「不正なことをはじめないこと」がこの経験からの教訓だったと二人は言っていました。

コメント0

「ハーバードのリーダーシップの授業」のバックナンバー

一覧

「請求書をごまかして逮捕される人の“脳内錯覚”」の著者

佐藤 智恵

佐藤 智恵(さとう・ちえ)

作家/コラムニスト/コンサルタント

1992年東京大学教養学部卒。NHKにて番組ディレクターを務めた後、2000年1月米コロンビア大学経営大学院留学、翌年5月MBA取得。ボストンコンサルティング、外資系テレビ局などを経て2012年独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

本音と建前が違うことが問題の温床になっている。

川野 幸夫 ヤオコー会長