• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

前輪駆動でもBMW、3気筒でもBMW

2シリーズ アクティブツアラーは変化の序章

2014年10月21日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ビー・エム・ダブリューが10月1日から受注を始めた新型車「2シリーズ アクティブツアラー」

 BMWといえば、ドイツの代表的な高級車の1つである。「駆け抜ける喜び」というキャッチコピーが示す通り、スポーティさを最大の特徴としているブランドだ。そのBMWが、国内で10月1日から受注を始めた「2シリーズ アクティブツアラー」は、こうしたこれまでのBMWのイメージを覆す新型車だ。

 新型車がこれまでのBMW車と異なる最大のポイントは、BMWブランドとしては初めての前輪駆動車であることだ。これまでBMW車はすべて後輪駆動を採用していた。ごくわずかな例外を除いては、前にエンジンを搭載し、後輪を駆動する、いわゆるFR(フロントエンジン・リアドライブ)方式を採用している。現在、世界の乗用車の多くは、前にエンジンを搭載し、前輪を駆動する、いわゆるFF(フロントエンジン・フロントドライブ)方式だ。これはFRだと、前のエンジンから後輪に駆動力を伝えるためのプロペラシャフトを通すため、床の中央が持ち上がった、いわゆる「フロアトンネル」が必要で、室内が狭くなるという難点があるためだ。

 また、FRの場合には左右の後輪に駆動力を配分するための「デファレンシャルギア」という部品を床下に配置する必要があるため、どうしても後輪周りの床面が高くなる。これに対してFFなら、プロペラシャフトがないのでフロアトンネルを小さくできるうえ、後輪周りの床面も低くできるので、トランクルームなども広くとれる。つまり実用性という面ではFFのほうが優れているのだ。

スポーティなハンドリングのFR車

 にもかかわらず、なぜBMW車はこれまでFR方式を採用してきたのか。それは、FR方式だとスポーティなハンドリング性能を実現できるからだ。よく指摘されるのは、FF車がアンダーステア特性を示す場合が多いのに対して、FR車はよりナチュラルな感覚を実現できるということ。アンダーステアとは、カーブを曲がりながら加速するときに、ステアリングの角度が一定でもクルマが外側に膨らんでいってしまう傾向があることを言う。

世界の完成車メーカーが開発を競う「自動運転」。しかし、それがもたらすのは、単にラクで安全なドライブの実現だけではありません。人々がクルマを買わなくなり、電気無人タクシーが街を走り回り、無人トラックが物流を担う、そんな「見たこともない未来」へとつながる可能性があるのです。
自動運転技術がもたらす未来を描く 「自動運転 ライフスタイルから電気自動車まで、すべてを変える破壊的イノベーション」 好評発売中です。

コメント3

「クルマのうんテク」のバックナンバー

一覧

「前輪駆動でもBMW、3気筒でもBMW」の著者

鶴原 吉郎

鶴原 吉郎(つるはら・よしろう)

オートインサイト代表

1985年日経マグロウヒル社(現日経BP社)入社、2004年に自動車技術の専門情報誌の創刊を担当。編集長として約10年にわたって、同誌の編集に従事。2014年4月に独立、オートインサイトを設立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

プロフェッショナルとして、勝負どころで安易に妥協するなら仕事をする意味がない。

手嶋 龍一 作家・ジャーナリスト