ジョブズも憧れた「訪日下位県」の最強コンテンツ

ビジネス訪日客の観光需要発掘にも期待

永平寺の「唐門」。古くは勅使門と呼ばれ、皇室からの使者が訪れた時など、特別の時に開かれる門

 2020年東京五輪の招致決定から1年、勢いに乗る訪日観光。2014年1‐8月の訪日外客数は前年同期比25.8%増の863.7万人。2014年4‐6月期の外国人延べ宿泊者数は前年同期比32.1%増の1174万人泊となり、延べ宿泊者数全体に占める外国人宿泊者数の割合はついに10%を突破しました。

 素晴らしい数字ですが、気になっていることがあります。一つは「キャパシティオーバー」、もう一つは訪日「地域格差」問題です。

 東京や大阪、地方でも勢いに乗って訪日客数の記録を更新、躍進する地域がある一方、出遅れて置いてきぼりを食っている地域も少なくありません。

 2013年の宿泊旅行統計によると、全国47都道府県中、外国人延べ宿泊者数が10万人泊に満たない地域は15県。うち5万人泊に満たない地域が7県あります。ワースト3は、最下位の島根県の1万8980人泊、46位高知県の2万4820人泊、45位福井県の3万360人泊です。最下位の島根県の市場占有率はわずか0.05%に過ぎません。それぞれ観光資源がないわけではありません。にもかかわらず、都道府県レベルでどうしてここまでの格差が生まれるのでしょうか。

 まず考えられるのは国内観光力との相関ですが、2013年の都道府県別延べ宿泊者数ランキングを見ると、必ずしもそう言い切れないケースもあります。

バックナンバー

著者プロフィール

水津 陽子

水津 陽子

合同会社フォーティR&C代表

経営コンサルタント。合同会社フォーティR&C代表。地域資源を活かした観光や地域ブランドづくり、地域活性化・まちづくりに関する講演、コンサルティング、調査研究、執筆等を行っている。

閉じる

いいねして最新記事をチェック

アクセスランキング

記事のレビュー・コメント

レビューレビューを投票する

とても参考になった
 

50%

まあ参考になった
 

50%

参考にならなかった
 

0%

ぜひ読むべき
 

50%

読んだほうがよい
 

50%

どちらでもよい
 

0%

いただいたコメントコメント11件

「客寄せパンダではない」に賛成。観光資源としてあえて「客寄せパンダ」にするのならば、外国人に媚びていない古き良き日本の観光地であることや、本物の宗教施設であることを売りにすべき。大昔に陳腐で切り捨てられていった「日本的な家屋」や「里山、広葉樹林」といった風景が現在貴重になっているように、現状維持がすぐに意味を持つようになる。(2014/10/29)

とある講演会で京大藤井聡教授が言われていたこと。明治維新頃の都会と、当時は都会ではなかったのに人口が増えて今では都会になったところを地図で表示された。今では人口が減った金沢。一方、増えたところは、ほとんど新幹線の駅があった。インフラの有無が人口を左右するのだ---という。一例として興味深いと思ったものだ。●福井県は、大阪や名古屋から直通在来特急はあるが、それ以外の県域からは来訪しづらい面がある(一度自家用車で東尋坊へ向かったが、案内標識が少なく、初期のカーナビがあってなお迷ってしまった経験がある。)。出雲大社に至っては、大阪からでさえ不便である。福井県知事が新幹線を切望していた理由の一つでもあるが、「観光」が域外からの来訪者に頼る側面を有する以上、アクセス関連のインフラ整備は観光推進との両輪でなければならない。福井に空港が必要とは思わないが、国鉄時代にあったいくつもの特急が廃止されたように、人口減地域へのインフラを地域分社化されたJRに期待するのは限度があるともいえる。やはり国策で幹線部分は構築すべきであろう。幹線以外の支線については、民間鉄道でも需要があればやっていける。大阪から見ても便利とはいえない奈良や高野山でも、関空まで来訪しようと考える国外滞在者からみれば、あと少し民間鉄道に乗るだけで行けるエリアなのだ。(2014/10/29)

福井県に必要なのは、東京からの新幹線ではなく、関空からの直通特急だと思います。(2014/10/25)

コメント(11件)を読む/書く

閉じる