• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

読者の皆様からのフィードバック

日本人が知らない新・ニッポンツーリズム ジョブズも憧れた「訪日下位県」の最強コンテンツ

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。その他,コメントに関する諸注意はこちらをご覧ください。

「客寄せパンダではない」に賛成。 観光資源としてあえて「客寄せパンダ」にするのならば、外国人に媚びていない古き良き日本の観光地であることや、本物の宗教施設であることを売りにすべき。大昔に陳腐で切り捨てられていった「日本的な家屋」や「里山、広葉樹林」といった風景が現在貴重になっているように、現状維持がすぐに意味を持つようになる。 (2014/10/29)

とある講演会で京大藤井聡教授が言われていたこと。明治維新頃の都会と、当時は都会ではなかったのに人口が増えて今では都会になったところを地図で表示された。今では人口が減った金沢。一方、増えたところは、ほとんど新幹線の駅があった。インフラの有無が人口を左右するのだ---という。一例として興味深いと思ったものだ。●福井県は、大阪や名古屋から直通在来特急はあるが、それ以外の県域からは来訪しづらい面がある(一度自家用車で東尋坊へ向かったが、案内標識が少なく、初期のカーナビがあってなお迷ってしまった経験がある。)。出雲大社に至っては、大阪からでさえ不便である。福井県知事が新幹線を切望していた理由の一つでもあるが、「観光」が域外からの来訪者に頼る側面を有する以上、アクセス関連のインフラ整備は観光推進との両輪でなければならない。福井に空港が必要とは思わないが、国鉄時代にあったいくつもの特急が廃止されたように、人口減地域へのインフラを地域分社化されたJRに期待するのは限度があるともいえる。やはり国策で幹線部分は構築すべきであろう。幹線以外の支線については、民間鉄道でも需要があればやっていける。大阪から見ても便利とはいえない奈良や高野山でも、関空まで来訪しようと考える国外滞在者からみれば、あと少し民間鉄道に乗るだけで行けるエリアなのだ。(2014/10/29)

福井県に必要なのは、東京からの新幹線ではなく、関空からの直通特急だと思います。(2014/10/25)

「客寄せパンダじゃない」のコメントに半分賛成ですね。神社仏閣は、全て遊園地のような客商売イベント施設と言う訳ではない。そういう有る意味ニセモノで満足する表面志向の一見観光客ばかり重視して良い訳が無い。ジョブズも本物志向だからこそ憧れというか興味があったのであろう。深い部分まで芯のあるモノを疎かにしてはいけない。子供騙しの表面だけの物ばっかり見せるのが「おもてなし」とは思わない。(2014/10/24)

交通の便、観光受け入れ体制、この辺は思いっきり効いてきますよね。 宿泊施設のキャパシティは安定した需要がなければ拡大に踏み切れないので最後として、交通の便はかなりネックになっているように思います。PRできればというのはちょっと違う気も。(2014/10/24)

眼鏡で有名な鯖江市も福井県ですよね。がんばれ、福井県!(2014/10/24)

神社仏閣は宗教施設であって、客寄せパンダじゃないですよね…築地市場のように主客転倒すればトラブルしか生まれません。舵取りがうまく行くことを願います。(2014/10/24)

福井の恐竜博物館は本当にお勧めです。結構頻繁に催し物を開催してますし、展示物の入れ替えなどもマメにされてます。なので一度行った方も時期をかえて行かれるとまた楽しめたりします。かなり努力されていると思います。私は近畿在住なので福井は行動圏内ですが、やはり関東からとなるとアクセスがネックになるのでしょうね。少々もったいない気がします。(2014/10/24)

今や日本政府は訪日観光者の増加を国内経済活性化の重要施策と捉え、円安も手伝って好調な結果となっている。確かに旅行関連業界や免税店は潤い、日本の文化の理解者が増えるのは良いことだが、それには限度というものはないのだろうか。この夏、北海道洞爺湖畔のホテルを利用したが、中国や台湾方面の団体客が過半を占め、館内は騒々しいばかり。食事も外人向けにアレンジされた和食やエスニックが幅を利かせ、とてもかつての日本の温泉宿という風情ではなかった。外国人旅行者を取り込むことに熱心になる余り、かえって日本人旅行客離れを招いたり、引いては折角の日本らしさのウリを台無しにするなら本末転倒。それぞれの観光地は数字に惑わされることなく日本らしさを守っていって欲しい。(2014/10/24)

日本人なら大概の人が永平寺と東尋坊を知っている(聞いたことがある)だろうが、その2つと福井県が結びつかない人は多いかもしれない。(2014/10/24)

永平寺も恐竜博物館も行きました。時間の都合から「参籠」の経験はありませんでしたが、とても興味があります。いつか家族で行きたいものです。恐竜博物館は本当に凄いです。ここの凄さを知っているので、首都圏で開かれる各種恐竜博のショボさに毎回ゲンナリしていたぐらいです。その凄さの割に宣伝が圧倒的に足りてない、とずっと思っていましたが、そうですか、近年は入場者数も持ち直しているのですね。少し安心しました。  R(2014/10/24)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

ドイツ企業は協調と競争の使い分けに長けている。

ビル・マクダーモット SAP CEO(最高経営責任者)