• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

都市と農村との課題をつなげてみたら、えがおが生まれた!

特定非営利活動法人 えがおつなげて 曽根原久司代表理事

2014年11月4日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

社会の問題解決につながるアイデアを実現し、事業化していく社会起業家、チェンジメーカー。そんな社会起業家を探して社会の変革を加速しようとする市民組織、アショカのメンバーは、「システム変革者」を探して世界中飛び回る。システム変革者とは、社会の「膿」につける薬ではなく、その膿を生み出した根本的な原因となっている社会の仕組みの欠陥を突き止め、それに代わる新しい仕組みを創り出す人たちである。今回のチェンジメーカーは、特定非営利法人「えがおつなげて」で、企業と農業を「えがお」でつなげる仕組み作りに取り組む、曽根原久司氏だ。

耕作放棄地で作った豆で作ったお菓子

 都市ではバブル崩壊以降、リストラや短期的な成果主義の導入、激務などで疲れ果て、うつ病を発症するビジネスパーソンの増加が社会問題となっている。またPCの普及、経済の低迷に伴う社員旅行や保養所の廃止などにより、社員同士のコミュニケーション不足も問題視されている。一方、農村では、少子高齢化が進む中、過疎化に歯止めがかからない。耕作放棄地も急増している。

 今回紹介するのは、これら都市の課題と農村の課題をつないでみたら「えがお」が生まれた、というお話だ。

 主導するのは、その名も「えがおつなげて」という名前のNPO法人。「企業ファーム」というプロジェクトを主催している。代表理事は2014年度アショカ・ジャパンフェローに選出された、認定農業者の曽根原久司氏。活動拠点は、全国第2位の耕作放棄率という山梨県北杜市の増富地区である。

「限界集落ツアー」が発火点に

 企業ファームとは、農村資源と企業ニーズをつなげることで、新たな価値を創造しようというプロジェクトだ。

 2005年に曽根原氏がプロデュースした、山梨県南アルプス市に本店を構える菓子処「清月」と「えがおつなげて」とのコラボレーションに端を発する。

 このプロジェクトでは、まず、清月の社員と共同で、増富地区の耕作放棄地を開墾し、「清月農場」をオープンした。そして、そこで、農薬や化学肥料を使わずに、増富地区特産の青大豆や花豆を栽培。さらに、それを原料に「豆大福」など自社商品を開発した。するとこれが、大ヒット。今や清月の定番商品になっているという(=写真)。

 清月の成功要因を、曽根原氏はこう分析する。「清月では、それまで、原料は外から買っていました。しかし、彼ら自ら汗水流して開墾し、原料を育て、収穫したことで、原料に対する強い愛着が湧き、商品開発にも熱がこもったのではないでしょうか。しかも、地元特産の安全・安心で、新鮮な食材を使っているということで、お客様の反応も好評でした」

コメント0

「素顔のチェンジメーカーたち:Changemakers Up-close」のバックナンバー

一覧

「都市と農村との課題をつなげてみたら、えがおが生まれた!」の著者

山田 久美

山田 久美(やまだ・くみ)

科学技術ジャーナリスト

早稲田大学教育学部数学科出身。都市銀行システム開発部を経て現職。2005年3月、東京理科大学大学院修了(技術経営修士)。サイエンス&テクノロジー、技術経営関連の記事を中心に執筆活動を行っている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック