• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

国論分裂が始まった韓国

「戦時作戦統制権」を読者と読む

2014年10月30日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米中双方から「どっちに付くのか」と迫られる韓国。ついに、国論が分裂し始めた。

韓国を疑い続けた米国

米国と韓国が「戦時の作戦統制権」の返還を無期延期すると聞きました。「統制権」とは聞き慣れない言葉です。

鈴置:韓国軍は米軍が指揮しています。その状態を指して「韓国は自国の軍の作戦統制権を米軍に委ねている」と表現します。

 1950年に朝鮮戦争が勃発した時、韓国軍は極めて脆弱でした。このため韓国は国連軍に統制権を渡し、その指揮下で戦ったのです。戦争が終わった後も国連軍、後に米軍が韓国軍の統制権を握り続けました。

 韓国軍の力不足は続きましたし、米国が韓国という国を信用しなかったためでもあります。米国は李承晩(イ・スンマン 1948-1960年)、朴正煕(パク・チョンヒ 1963―1979年)の両政権が軍事力で北を統一する野望を持っていると見なしていました。

 韓国軍を掌握しておかないと勝手に戦争を始められてしまい、それに巻き込まれると米国は懸念したのです。

 結局、民主化後の1994年に、平時の作戦統制権だけ韓国に返還しました。「豊かになり失うものができた韓国はもう、戦争を引き起こさないだろう」との判断も、米国にはあったと思います。

ささやかれた「同盟打ち切り」

 そして盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権(2003-2008年)が「戦時」の統制権まで取り返そうとしたのです。左派で反米を売り物に当選した盧武鉉大統領は、就任すると「戦時の作戦統制権を持ってこそ主権国家」と主張、米国に返還を要求しました。

 米国は驚きました。統制権を韓国に返還すれば、韓国軍が独自で作戦を立てることになります。でも、韓国軍にそんな力はありません。北朝鮮の情報ひとつだって、米軍の衛星や偵察機で収集しているのですから(「『核攻撃の対象』と中国に脅される朴槿恵」参照)。

 米国は相当に悩んだようですが、結局、2006年9月16日の米韓首脳会談で返還に基本合意します。翌2007年2月に、返還時期を2012年4月と定めました。

 当時、米韓関係は最悪でした。盧武鉉政権の執拗な反米政策の結果です。米国の国防関係者の間では「同盟打ち切り」までささやかれていました。

 米国は、もし統制権を返還しないと盧武鉉政権が「そら見ろ、やはり米国は韓国を植民地と見なしているのだ」と騒ぎ立てると懸念して、返還に応じた部分もあったといいます。

待望の第4弾 最新刊好評発売中!
早くもAmazon「朝鮮半島」カテゴリ1位獲得!
日本と韓国は「米中代理戦争」を闘う

「米陣営に残れ」
4月のオバマ訪韓で踏み絵を迫った米国。
しかし韓国の中国傾斜は止まらず、
7月の習近平訪韓でその勢いは増した。
流動化するアジア勢力図をどう読むか、
日本はいかに進むべきか--。

中国に立ち向かう日本、つき従う韓国
中国という蟻地獄に落ちた韓国
「踏み絵」迫る米国 「逆切れ」する韓国
に続く待望のシリーズ第4弾、9月16日発行。
好評発売中!

コメント20件コメント/レビュー

韓国の半島国家として切実な事大主義も理解できる面もあるが、やはり自分の希望や考え主体性を守る意味で理性的ではないと思う。その意味では理解できない国である。どうすれば理解できるのか?
感情的でどうしようもない韓国とは、運よく陸続きでないから 余り関係を持たず勝手にさせとけばよいと考えるようになった。韓国が中国の属国になっった時に備える事は必要である。(2015/11/02 18:01)

オススメ情報

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「国論分裂が始まった韓国」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

韓国観察者

元日本経済新聞記者。1995~96年ハーバード大学日米関係プログラム研究員、2006年イースト・ウエスト・センター(ハワイ)ジェファーソン・プログラム・フェロー。02年度ボーン・上田記念国際記者賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

韓国の半島国家として切実な事大主義も理解できる面もあるが、やはり自分の希望や考え主体性を守る意味で理性的ではないと思う。その意味では理解できない国である。どうすれば理解できるのか?
感情的でどうしようもない韓国とは、運よく陸続きでないから 余り関係を持たず勝手にさせとけばよいと考えるようになった。韓国が中国の属国になっった時に備える事は必要である。(2015/11/02 18:01)

「中国」の立場を想像してみよう:「韓国」が「中国」に従うのは当然ではないか、そもそも対等な二国間関係というのはこの世に存在せず、一方が他方に従うのが理というものであるとするのが、すなわち、中国の体制によらない伝統的な立場であるのだから、韓中関係に当て嵌めてみれば、中国は大国であり、韓国は小国である以上、韓国が中国に従うのは天理であると、こうなるのではないか。中国と他の国との関係において、本来的な意味での対等な関係というのは、少なくとも中国人の発想にはなく、(甲)緊密な上下関係があるか、(乙)ゆるやかな表面的な関係があるかだけではないだろうか。そして、関係の性質の甲乙を規定することができるのは、中国の立場では、中国だけのようだ。他からみてわかりにくいのは、中国は、この甲乙両様の二国間関係をいずれも「友好関係」と呼んでいることである。(2014/10/31)

恒例となりつつある米中星取り表ですが、ポジティブリストに変えた方が現状掌握にはいいかもしれません。対立する両者から相容れない要求を突き付けられて困った場合、基本的には殻に籠もってしまいがちです。状況に変化をもたらすのは韓国自身の主体的な判断と行動ですが、そこに的を絞って星取り表を改めてみると、中国がアメリカに対して圧勝している様子が見えてきます。(2014/10/31)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

5年前は(日本製を好む中国人の消費は)一過性のものだと考えていた。

高原 豪久 ユニ・チャーム社長