• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

上海に青空は戻り出稼ぎは去る

環境対策で廃品価格が暴落、行き場をなくす人々

2014年10月30日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

かつて自分が住んでいた低所得者層の住む再開発エリアで仕事をする廃品回収業の劉さん。いつも愛犬の冬冬(トントン)が一緒だ

 最近の上海は目に染みるような青空が広がる秋晴れの気持ちのいい日が続いている。上海でPM2.5による汚染が進むのは主に冬なのでまだ油断はできない。ただ、去年は春ごろから、1、2時間も外を歩くと、のどや鼻の奥が風邪を引いたようにいがらっぽくなり、日によっては息苦しさすら覚えることもあった。汚染が極端に進んだ去年の12月などは、灰色と黄色を混ぜたような空から太陽が弱々しく姿を見せていた。それに比べると、青空がのぞくことの多い今年は、汚染の度合いが幾分改善されているのかもしれない。

 そんな今年の秋は、友人たちから引っ越しの知らせを受けることが多かった。彼らに共通しているのは、いずれも上海以外の省の農村から上海に出稼ぎに来ている人たち、いわゆる「農民工」「民工」と呼ばれる人たちだったということである。

 私自身も、この春に住み始めたばかりの家を出ることになり、いつも引っ越し荷物の運送を頼んでいる廃品回収業の友人、劉さんに電話をして、次の土曜日に引っ越すのでまたよろしく、と頼むと、「その日はオレ自身が引っ越しだから無理だ」との返事。聞けば、住んでいるエリアが再開発で取り壊しが決まり、立ち退きを余儀なくされたのだという。

 劉さんが住んでいたのは低所得者層の居住地として有名なバラックの建ち並ぶエリア。貧民街といって差し支えない。住民の大半は劉さんのように上海に働きに来た地方の人々だ。窓がない、トイレがない、お湯が出ないなど住環境は決して良くはないが、その分格安の家賃が魅力。劉さんが立ち退きを迫られるまで10数年住んでいた、倒産した工場の跡地に建てられた小屋の8畳ほどのワンルームは450元(約7800円)だった。劉さんはここに、やはり上海に出てきて洋服屋で働いている長女と愛犬・冬冬(トントン)と暮らしていた。

PM2.5の濃度が310の「厳重汚染」になった2013年12月6日の上海都心部の様子(左)、 きれいに晴れ上がった青空の下、自撮りを楽しむ人たち。2014年10月、上海南外灘の上海当代芸術博物館屋上にて(右)

コメント10

「中国生活「モノ」がたり~速写中国制造」のバックナンバー

一覧

「上海に青空は戻り出稼ぎは去る」の著者

山田 泰司

山田 泰司(やまだ・やすじ)

著述業/EMSOne編集長

1992~2000年香港で邦字紙記者。2001年の上海在住後は、中国国営雑誌「美化生活」編集記者、月刊誌「CHAI」編集長などを経てフリーに。2010年からは、「EMSOne」編集長も務める。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員