• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

企業が情報の「罠」に陥らないためには?

2014年11月7日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社による日経ビジネスオンライン限定の本連載。最終回である今回は、アトランタオフィスのDave Fedewa、シカゴオフィスのAsutosh PadhiとシアトルオフィスのJim Williamsが共著した『From expectations to specifications: fact base required!』 を基に、マッキンゼー日本支社の商品開発研究グループを率いるパートナーのドミートリ・ミシュースティンとアソシエイトプリンシパルの小田原浩が、企業が情報の「罠」に陥らないことの重要性を論じます。

 テクノロジーの進歩に拍車がかかり製品のライフサイクルが短くなるにつれ、各社が競合他社に遅れを取らないよう対応に追われている。そのために、製造しやすく、過酷な状況でもパフォーマンスに信頼が置ける、複雑で高機能の製品を生み出すための知識やツール、プロセスに多くの企業が大々的に投資してきた。

 しかし、こうして設計された製品に重大な欠陥がある場合もある。なぜか、消費者が求めているものと違うのだ。製品が売れないのは、消費者が「値段が高すぎる」「複雑すぎる」と判断したり、重要な機能が備わっていなかったり、些細とはいえ重要な面で機能が劣っていたりするからである。時にはこれらの製品が売れる場合もあるが、製造コストが高すぎたり、消費者が納得する値段では割が合わなかったりするために採算はよくないケースが多い。

 これらすべての場合に共通している問題は、製品に取り組んでいるエンジニアやデザイナーのスキルが不足しているからではなく、不完全もしくは誤った顧客ニーズの情報に基づいてデザインを決めているからである。

陥りがちな4つの「情報の罠」

 これらの問題に取り組むビジネスリーダーとの議論を通じて、我々は製品開発プロセスが行き詰まる、4つのありがちな原因を突き止めた。すなわち、(1)不適切な顧客をターゲットにする、(2)誤った情報に依存する、(3)先入観に翻弄される、(4)仮に優れた情報を手に入れても製品に反映できない、である。

 いずれも、企業が「情報の罠」に陥ることで生じる。この「情報の罠」を回避することで、企業が顧客に愛されるヒット商品を生み出す確率は大いに高まる。

コメント0

「マッキンゼー・エクセレンス 」のバックナンバー

一覧

「企業が情報の「罠」に陥らないためには?」の著者

ドミートリ・M

ドミートリ・M(どみーとり・みしゅーすてぃん)

マッキンゼーパートナー

アジア地域における先端産業グループ、および日本における商品開発研究グループのリーダー。商品開発、デザイン・トゥ・バリュー、顧客インサイトに関する豊富な知見を提供し、製造業部門の顧客企業を支援。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

小田原 浩

小田原 浩(おだわら・ひろし)

マッキンゼーAP

アジア地域における先端産業グループのコアメンバー。製造業企業に対して、商品開発戦略策定、購買・調達活動最適化等、戦略からオペレーションまで幅広いトピックを担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長