• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ホンダのリコールを考える

メカとエレキの間で起きる不具合

2014年11月4日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ホンダの「フィット ハイブリッド」。ハイブリッドシステム「i-DCD」の不具合などで5回のリコールを実施した(写真提供:ホンダ)

 ホンダが、「フィット ハイブリッド」の5回目のリコールを発表した。事態を重く見た同社は、役員の報酬減額や、品質改革担当役員を置くなど、再発防止に懸命だ(関連記事はこちら)。発売直前だった新型車も時期を遅らせ、品質の再確認に万全を期しているという。クルマのリコールがこれだけ話題になるのは、米国でトヨタ自動車が2009~2010年にブレーキの不具合で大量のリコールを出したとき以来だろう。

 最初にフィット ハイブリッドのリコールのことを聞いた時、ホンダには失礼な言い方になるが、「やっぱり」と思った。というのは、フィット ハイブリッドに採用されたホンダの新世代ハイブリッドシステム「i-DCD」のことを取材したときに、その制御の複雑さに驚いた覚えがあるからだ。今回ホンダがフィット ハイブリッドで出した5回のリコールのうち3回に、このハイブリッドシステムに使われている変速機「DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)」に関連する不具合が含まれている。だが、この内容が筆者の想像とは違っていた。

手動変速機の機構がベース

 お恥ずかしいことに、最初のリコールが発表された2013年10月には、中身をよく見もせずに、きっとソフトウエアの不具合なのだろうと思ってそのままにしていた。というのも、さっき書いたように、今回のハイブリッドシステムの制御が複雑なことを知っていたからだ。ところが、今回5回目のリコールを発表する際に、ホンダが開いた説明会に出席して、改めて過去のリコール内容を復習してみると、案に相違して、単なるソフトの不具合ではなく、ソフトとハードが複合的に絡み合った事象が起こっているということが分かった。

世界の完成車メーカーが開発を競う「自動運転」。しかし、それがもたらすのは、単にラクで安全なドライブの実現だけではありません。人々がクルマを買わなくなり、電気無人タクシーが街を走り回り、無人トラックが物流を担う、そんな「見たこともない未来」へとつながる可能性があるのです。
自動運転技術がもたらす未来を描く 「自動運転 ライフスタイルから電気自動車まで、すべてを変える破壊的イノベーション」 好評発売中です。

コメント7

「クルマのうんテク」のバックナンバー

一覧

「ホンダのリコールを考える」の著者

鶴原 吉郎

鶴原 吉郎(つるはら・よしろう)

オートインサイト代表

1985年日経マグロウヒル社(現日経BP社)入社、2004年に自動車技術の専門情報誌の創刊を担当。編集長として約10年にわたって、同誌の編集に従事。2014年4月に独立、オートインサイトを設立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

グローバル市場でいい仕事をしたければ、まず「世界に通用する見識」を磨くことだ。

中谷 巌 「不識塾」塾長、一橋大学名誉教授