• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

橋下・維新改革の6年を振り返る

第2回 大阪再生の進捗度

2014年11月10日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 大阪の外に住んでいると、大阪市長としての橋下徹氏の活躍ぶりを知る機会があまりない。マスコミも3年前には彼を日本の救世主のように報じたが、従軍慰安婦発言や石原慎太郎氏との連携(日本維新の会の結成)を機に、興味が薄れたようだ。

 最近の橋下氏についての報道内容は、もっぱら維新の党の代表としての発言を紹介するものが多い。そのせいか、全国の人々は、橋下氏が大阪を改革するために政治家になり、さらに地域から日本を変えるために国政政党まで作ったという原点を忘れつつあるようだ。

 また、東国原英夫氏の先例もよくない。宮崎県知事として業績をあげていたのに、途中で国政や都知事選へと興味が移ろい、残念な展開になっている。彼と橋下氏は個人的にも親しかっただけに、イメージをダブらせる人がいるのも致し方ないだろう。

ことごとく議会と対立

 さて、大阪の改革だが、一見、とても難航しているように見える。地下鉄やバスを民営化する条例案は何回出しても議会が拒否する。都構想も否決された。

 橋下氏が改革の目玉だと全国に宣言したことの多くがなかなか実現されない。だがよく見ると、進まない理由のほとんどが市議会や府議会の野党の反対によるものである。

 議会の承認がいらないたとえば市バスの経営改革などでは積年の赤字を一気に解消し、路線の抜本再編までやった。橋下改革の業績評価は、議会の承認を必要としないものについては80~90点、そうでないものについては10~20点というのが私の見方である。

3つのレベルの改革

 大阪の維新改革は3層構造で構成される。中心となるのは市役所、府庁の行政改革や政策刷新である。これを基層とすると、その上の中層に都構想など大阪の統治機構改革、つまり大阪版の「この国のカタチ」を変える運動が位置する。これは国でいうと道州制の導入に匹敵する動きで、どうしても政治的闘争になる。

コメント14件コメント/レビュー

大阪から始まり、大阪でこれだけの実績を持つ人である。私はハシモト氏は大阪に骨を埋めることが良いと思う。大阪の為に生涯をかけて改革を行い、大阪の人に末代まで語り継がれる人になって欲しい。国政なんか出なさんな。維新の会は大阪の地域政党でいいではないですか。そのかわり、大阪では絶大な力を持つ「ハシモト氏」である。(2014/11/20)

「上山信一の“あまのじゃく”改革談義」のバックナンバー

一覧

「橋下・維新改革の6年を振り返る」の著者

上山 信一

上山 信一(うえやま・しんいち)

慶応義塾大学総合政策学部教授

1957年大阪市生まれ。京都大学法学部卒。米プリンストン大学公共経営学修士。旧運輸省、マッキンゼー(共同経営者)を経て現職。専門は経営戦略と行政改革。九州大学ビジネススクール客員教授。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

大阪から始まり、大阪でこれだけの実績を持つ人である。私はハシモト氏は大阪に骨を埋めることが良いと思う。大阪の為に生涯をかけて改革を行い、大阪の人に末代まで語り継がれる人になって欲しい。国政なんか出なさんな。維新の会は大阪の地域政党でいいではないですか。そのかわり、大阪では絶大な力を持つ「ハシモト氏」である。(2014/11/20)

WTCビルへの府庁舎移転構想は、橋下知事登場以前からコンサルタントを交えて関西の政官財界で議論されていた。関空問題も同様だ。時機が整って、たまたま結果が出たときに知事として居合わせたラッキーな人というのが、事情を知る者の率直な感想。しかしそれも、すんなりそれまでの議論通りに継承したわけではなく、彼ら一流のパフォーマンスの後で、この記事のように「抵抗勢力をバッサバッサと切って」結果を出したような印象をふりまいたのだろう。万端そんなことだ。大阪府も大阪市も、本庁の幹部職員はみんな優秀で、彼らが描いたシナリオを、派手に演じたのが橋下氏。その政策は堺屋太一の口移しだと、大阪府下の自治体幹部職員は全員知っている。(2014/11/14)

関西のメディアでさえ、伝えるのは市長vs議会の対立。その中身は浅はかさはいうまでもない。もっと話し合いを、とのたまうコメンテーターも、大阪のことなど何も把握せず、言っているだけ。大阪の自公民共産の存在意義は何なのか?一体何の役に立っているのか?既得権益を守るのに一所懸命。国政では対立するも、大阪での仲良しこよしは、見ていて嫌悪感すら感じる。メディアもレベルが低い。先の市長選でも、大義がない、投票率が低い、などとほざいていたが、得票数が幾らで、過去の市長選と比べてどうだったか、など全く考えていない。大阪人が実利的とは言え、テレビなどの影響はまだまだ大きいのが残念。(2014/11/12)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長