• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ITエンジニア転職の現実

「作る」から「使う」へのシフトに対応できるか

2014年12月1日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ITエンジニアなら、今後のキャリアを考える上で、「転職」を一度も考えないということはまずないのではないだろうか。それはITエンジニアは、ジョブローテーションを前提とした総合職ではなく、ITエンジニアリングを中心とした専門職であるということにも由来する。ITエンジニアは、企業に就職するという考え方ではなく、「ITエンジニア」という職業に就職するという考え方だからである。そこで今回は現在のITエンジニアの転職マーケットの状況について見ていきたい。

エンジニアの人不足、転職の現状

 昨今、特に飲食業界等を中心として人材不足が叫ばれているが、IT業界はかなり以前から常に人不足と言われ続けている業界である。本コラムでも再三指摘しているが、事態は更に深刻な事態となりつつある。2014年9月18日の日経新聞でも「IT分野の派遣『月収100万円』でも集まらず」というような記事(有料会員限定記事)も出ている。

 日本の情報系学科の卒業生数は2010年の時点で1.6万人と、米国の5.9万人の約4分の1程度で、全学年人口当たりの理数情報系学科の卒業生の率でも日本は2.3%と、米国の5.1%から大きく後れを取っている。またIT技術者数は約88万人だが、2020年のIT市場規模は約4.5倍程度に伸びると予想されるため、明らかにIT技術者が不足する事が見えている。詳しくは、第6回産業競争力会議提出資料を参照されたい。

エンジニア人材ニーズの変化

 ITは成長産業のため、以前から人不足と言われ続けていたが、人不足の内容は時代とともに変化してきている。IT技術者不足というと、以前は「設計やマネジメントができる人がいない」という内容が殆どだったが、最近では「まずコードが書けるというのが前提で、ユーザーファーストな考えが出来る人」という方向にシフトして来ている。

 2014年のIT人材白書でも「“作る”から“使う”へ、という大きな流れのなかで、受託開発を行ってきたIT企業は大きな岐路にある」と書かれている。IT企業(SIer)は今後3年の新規/拡大予定の事業内容で従来型の受託開発と挙げる企業は45~55%と多かったのに対し、システムを利用するユーザー企業は受託開発に対するニーズは10~20%と低く需要と供給のギャップが広がっている。

 ユーザー企業は従来型の受託開発ではなくSalesForceのようなSaaS(クラウドサービス)の利用へとシフトしているためである。この事はユーザー企業のSaaS利用率が、2011年から2013 年にかけて 33.7%、44.3%、56%と着実に拡大していることからも読み取れる。

 また、この流れは営業利益率にも表れており、従来型のSIerは、営業利益率が軒並み一桁台なのに対し、海外のソフトウェア中心の企業だとオラクルが売上高2.9兆円、営業利益率36.9%、SAPが売上高1.7兆円、営業利益率34.0%とケタが違っている。

※NTTデータ(売上高1.3兆円、営業利益率6.4%)、日立製作所(売上高1.2兆円、営業利益率4.3%)、NEC(2.5兆円、営業利益率3.7%)、富士通(売上高4.7兆円、営業利益率2.3%)

 クラウドへのシフトや、受託開発のオフショア化などの大局的な流れを受け、ITエンジニアの志向性も変化してきている。先日弊社でITエンジニアを対象に行ったアンケートでも希望する業態について、SIerを望むという回答が17%だったのに対し、自社サービス・製品開発は79%と大きな差が出ている。回答者の就業中の企業の業態はSIer所属が51%、自社サービス・製品開発が40%であり、現在SIerにいるエンジニアも自社サービス、製品開発への転向意欲が高まっていることが見て取れる。

20代、30代のITエンジニアが望む働き方と職場環境についてのアンケート調査結果(IT/WEBエンジニアに特化したプログラミング転職サイト「paiza」の会員273名が対象、2014年8月実施)

コメント5件コメント/レビュー

30年ぐらい前は、「まずユーザーファーストな考えが出来るのが前提で、コードが書けるようになれる人」が採用基準であり、技術オタクでもある理系の人間がITエンジニアになるのは少数派だったように思う。そもそも「できるエンジニア」は、ユーザーファーストな考えが出来ないので、転職をしようとは思わない。また、「交渉ができ、人をまとめられる人」は、一般的にファジーなので、論理的な技術屋に向かない人が多い。この相反する人材の中で、コードから設計までできる人が経営者になるか、経営者が設計やコードをできるようになるかのどちらかであるので、人材不足になるのは、むしろ当たり前である。技術屋から見て「大企業で1カ月掛かって開発する内容を、1~2日で行う」という事例はよくあることであり、人月で見積もる習慣が馬鹿らしく思う事を顧客と話していると、発注する側も人月単価は理解できないという話になる。システム価格の行き着く先は市販のパッケージ化するしかないのではないかとも思ってしまう。しかし、パッケージ化はセキュリティ面と、販売本数によって大きな狂い(不具合と採算性)が生じる可能性が高い所がネックではある。(2014/12/01)

「ITエンジニアの生存戦略」のバックナンバー

一覧

「ITエンジニア転職の現実」の著者

片山 良平

片山 良平(かたやま・りょうへい)

ギノ株式会社 代表取締役社長

2012年にギノを設立、ITエンジニアに実際にプログラムを書いてもらい技術を評価するサービス「paiza」(パイザ)を2013年10月に開始した。ニートや音楽活動をしていたという異色の経歴も。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

30年ぐらい前は、「まずユーザーファーストな考えが出来るのが前提で、コードが書けるようになれる人」が採用基準であり、技術オタクでもある理系の人間がITエンジニアになるのは少数派だったように思う。そもそも「できるエンジニア」は、ユーザーファーストな考えが出来ないので、転職をしようとは思わない。また、「交渉ができ、人をまとめられる人」は、一般的にファジーなので、論理的な技術屋に向かない人が多い。この相反する人材の中で、コードから設計までできる人が経営者になるか、経営者が設計やコードをできるようになるかのどちらかであるので、人材不足になるのは、むしろ当たり前である。技術屋から見て「大企業で1カ月掛かって開発する内容を、1~2日で行う」という事例はよくあることであり、人月で見積もる習慣が馬鹿らしく思う事を顧客と話していると、発注する側も人月単価は理解できないという話になる。システム価格の行き着く先は市販のパッケージ化するしかないのではないかとも思ってしまう。しかし、パッケージ化はセキュリティ面と、販売本数によって大きな狂い(不具合と採算性)が生じる可能性が高い所がネックではある。(2014/12/01)

ある側面では正しいが、少し極端な見解に見える。 全てがクラウドで賄える訳では無い。 セキュリティ上、インターネット側から遠ざける必要があるデータは社内若しくは、専用線で直結したデータセンターに置き、必要ならばスクラッチシステムを構築しなければならない。 IT産業の一番の問題は、予算権限を持つ人間の多くがITそのものを良く理解出来ていない事を良い事に、広告費を出している事を盾にしてマスコミに流行を作らせることだ。 ビッグデータもそうで、きちんとマーケティング出来る人材の居る企業には必ずしも必要では無い。 安いパッケージを買って来て、社内であまりセキュリティも気にせずに運用していたようなものはクラウドに移行するだろう。 しかし、より高度に守らなければならないデータは必ずあるし、それを防御する為に多くのセキュリティアプライアンスをイントラ上に展開していかなければならない。 中小企業であればあるほど、人材不足の為に構築や運用サポート面でSIerを頼りにする機会は増える。 急激にSIerがダメになってしまう事は無い。(2014/12/01)

どちらでもよいという評価が多数派を占めていること自体が、現状を良く表している思います。読者層の問題もあるとは思いますが、良い人材を集めたいなら、どんな人が必要なのか募集する側も応募する側もわかっていないと、良い人材が集まることもなければ、育つこともないでしょう。(2014/12/01)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長