• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「どのキャリアを選んでも同じ」を崩すKDDIの試み

KDDIが米Lookoutと提携した真意

2014年11月21日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

KDDIは10月2日、モバイルセキュリティを手掛ける米Lookoutと提携すると発表した(撮影は筆者)

 昨年、NTTドコモがアップルのiPhoneを取り扱うようになり、さらに今年はソフトバンクモバイルがソニーのXperiaを投入するなど、今はキャリア間の端末ラインナップの差はなくなりつつある。

 「人気機種を使いたいから別のキャリアにMNPをする」というのは昔の話であり、いまではキャリアを変えることなく、機種変更で人気機種を手にできる時代になったと言える。

 料金プランにおいても、今年、NTTドコモが「カケホーダイ」として、月額2700円でNTTドコモユーザー宛だけでなく、他の携帯電話会社や固定電話宛であっても定額の範囲内に収まるプランを始めたが、すぐにソフトバンクが「スマ放題」、KDDIが「カケホとデジラ」を対抗策としてぶつけてきたことで、「3社横並び」の感が強くなった。

 結果、「どのキャリアを選んでも同じ」という認識がユーザーに広まりつつある。

 しかし、そんなキャリアの「同質化」が進む中、何とか個性を出そうとしているのがKDDIだ。同社では特にサポート体制の強化を打ち出し、例えば、ケータイユーザーがスマホデビューしやすいように、スマホを短期間、貸し出してお試しできるような施策を展開するなど、初心者が安心して、スマホを使える環境を整備している。

 そんなKDDIが、この秋にタッグを組んだのが、アメリカ・サンフランシスコの「Lookout」という会社だ。

 Lookoutは世界で5800万ユーザーがいるというセキュリティアプリだ。Lookoutではスマホを紛失した際、遠隔操作で紛失した場所を検索し、パソコンなどの地図上に端末の位置情報を表示するといったことが可能だ。さらに端末内の個人情報を見られないようにするために、遠隔でロックをかけたり、データを消去するといったこともできる。

 また、端末がサイレントモードやマナーモードになっていても、大きな音をアラーム音を出して見つけやすくもできる。電池が切れそうな時も、その直前の位置情報が記録されるため、見つけやすくもなるという。

スマホにアプリを入れると、パソコンからスマホの場所を確認できる。遠隔からロックを掛けたりする、アラームを鳴らしたりできる

コメント0

「石川温の「スマホニュース斜め読み」」のバックナンバー

一覧

「「どのキャリアを選んでも同じ」を崩すKDDIの試み」の著者

石川 温

石川 温(いしかわ・つつむ)

スマホ/ケータイジャーナリスト

1999年日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社、『日経トレンディ』編集記者に。ケータイ業界を中心にヒット商品、クルマ、ホテルなどで記事を執筆。2003年にジャーナリストとして独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長