• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

リーダーシップの授業はウィスキーである

イーサン・バーンスタイン助教授に聞く(3)

2014年12月19日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「リーダーシップと組織行動」の最終講義にて(2013年12月)(c)Maly Bernstein
(c)Evgenia Eliseeva
イーサン・バーンスタイン
ハーバードビジネススクール助教授。専門はリーダーシップと組織行動。MBAプログラムにて1年目の必修科目である「リーダーシップと組織行動」、PhDプログラムにて「フィールド調査の技術」を教えている。組織におけるリーダーシップ、コラボレーション、チームワーク、デザイン・シンキング、組織学習を専門に研究。1996年米アーモスト大学在学時、交換留学生として同志社大学に留学。2004年、ボストンコンサルティンググループ東京オフィスに赴任し、プロジェクトリーダーを務める。最新の寄稿論文に“The Transparency Trap”(Harvard Business Review, October 2014) がある。

  ハーバードビジネススクールの教授陣の中でも指折りの知日派である。同志社大学で学び、ボストンコンサルティンググループ東京オフィスで働いたイーサン・バーンスタイン教授は、組織行動の観点から数多くの日本企業を研究してきた。2014年3月には、他の教授陣とともに来日。日本のベンチャー企業から大企業まで訪問し、現在、その調査結果をもとに教材も執筆中だ。
 今、ハーバードビジネススクールの助教授として、日本企業をどう見ているのか。そしてリーダーシップとは何か。同じ元BCGコンサルタントとして、忌憚ない意見を伺った。

(2014年6月27日 ハーバードビジネススクールにてインタビュー)

学生の「10年後の熟成」のために

佐藤智恵(聞き手)
1970年兵庫県生まれ。1992年東京大学教養学部卒業後、NHK入局。報道番組や音楽番組のディレクターとして7年間勤務した後、退局。2000年1月米コロンビア大学経営大学院留学、翌年5月MBA(経営学修士)取得。ボストンコンサルティンググループ、外資系テレビ局などを経て、2012年より作家/コンサルタントとして独立。2004年よりコロンビア大学経営大学院の入学面接官。ウェブサイトはこちら

佐藤:授業を受けた学生が「先生の言葉は心に響く。ハーバードの先輩として僕たちに助言してくれるから」と言っていました。なぜ学生からこんなに共感されているのでしょうか。

バーンスタイン:他にも素晴らしい教授はたくさんいらっしゃるので恐縮しますが、まず私の教育理念についてお伝えしましょう。

 私がめざしているのは学生が積極的に参加し、自分の思考を進化させ、人生や仕事について新たな視点を得るような授業です。私の役割は学生一人一人が将来、リーダーとして世界を変えるのに必要となるような知識や手段を提供することです。

 14年前、私はハーバードの学生で2年間、同じ教室で授業を受けていました。その体験が、教えるのにとても役立っているのです。「今、学生はリーダーに成長する過程で何を学ぶ必要があるのか」が実感として分かるからです。理論を教えるのも大切ですが、学生からの視点を忘れないようにしています。

佐藤:学生の席に座っていたのが、いまは90人の学生を前にして教壇に立っているわけですね。学生のニーズをさぐるのに事前に調査などはしましたか?

バーンスタイン:ハーバードで教えることが決まったとき、2002年卒の同級生にアンケートをとってみたのです。「『リーダーシップと組織行動』の授業で覚えていることは?」「在学中、どのぐらい重視していた?」「今はどのように役立っている?」

 多くの人が、「在学中は他の科目に比べると、そんなに重視していなかった」と回答していました。ファイナンスのように数字と格闘する科目とは違って、事前の準備もそんなにしなくていいソフトな授業だったからです。でも、「今は?」と聞いてみると「今最も役に立っている科目だ」と言うのです。

 つまり、この授業はウィスキーみたいな授業なのだということ。学んだことがどんどん醸成していって、リーダーとして成長すればするほど役に立つ…。だから、私は今の彼らではなく10年後の彼らのためになる授業をしようと思いました。

コメント0

「ハーバードのリーダーシップの授業」のバックナンバー

一覧

「リーダーシップの授業はウィスキーである」の著者

佐藤 智恵

佐藤 智恵(さとう・ちえ)

作家/コラムニスト/コンサルタント

1992年東京大学教養学部卒。NHKにて番組ディレクターを務めた後、2000年1月米コロンビア大学経営大学院留学、翌年5月MBA取得。ボストンコンサルティング、外資系テレビ局などを経て2012年独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック