• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「世界はグローバル化などしていない」に反論する

データで知る、世界経済を取り巻く環境変化のリアルな姿

2014年11月26日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回は、我々が現在直面しているグローバル化や国際経営といった現実が、歴史的に見てどこまで遡ることができるのかをご紹介しました。今回は、1970年代以降から急速に進展しているいわゆる「グローバリゼーション」の背景には、どういった経営環境の変化が存在するのかを概観してみましょう。

 もちろん、11月18日公開の入山章栄・早稲田大学ビジネススクール准教授のコラムでも紹介されていたように、実は、グローバル化なんて進んでいないという意見や研究も存在しています。しかし本稿では、その是非を問う前に、グローバリゼーションを可能にしたと言われる、いくつかの重要な歴史的要素を理解することから、議論を進めていきましょう。

 まず理解すべきは、1)情報通信とグローバルメディアの成長2)人と物の移動手段の進化3)国際標準の整備とモジュラー化、そして4)国際法規の整備と市場統一、という4つの流れです。これらすべてを踏まえて論じなければ、今、世界で起こっている経済の流れを理解することはできません。

インターネットが世界をつなげたのではない

 よくある勘違いは、グローバル化といえばインターネットの普及を指す、という先入観です。

 インターネット普及の背景には、長年の歴史を経て発達してきた物理的な通信ネットワークの進化があり、その重要性を無視することはできません。

 通信ビジネスは少なくともローマ帝国の郵便制度や、日本の飛脚、はたまた伝書鳩を用いた都市間通信のネットワークまでさかのぼることが可能です。インターネットの直接の源流とも言える電波通信も、19世紀初頭に登場したもので、インターネットはその延長線上にある1つの技術に過ぎません。

 現代、光通信網で世界が物理的にリアルタイムで接続されています。19世紀初頭に生み出された電信は、19世紀中頃にはアメリカ大陸と欧州を接続する海底ケーブルの実用化へと繋がりました。そして戦後1970年代頃から急速に進化した海底通信網が、まさに全世界を物理的につなげたのです。

 下に示した地図は、こうした世界中に張り巡らされている通信網を俯瞰することができるウェブサイトから取得したものです。この図を見れば、世界中の国々が無数の海底ケーブルによって物理的につながっているのが分かります。

 これに通信衛星や移動体通信の技術などが加わり、現代では地球の裏側の人とも、コストを意識せずに映像などを用いた豊かなコミュニケーションが可能です。これにより、各種のメディアを通じて情報が国境を超えて活発に流通しています。ハイビジョンのテレビ会議を日常的に用いて、遠く離れた国の専門家や同僚と議論し、協業してなにか生み出すといったことが、実際に行われています。

2014年11月現在の世界の海底通信ケーブル網

コメント4

「ボーダーレス経営論~情報過多時代の「未知先」案内」のバックナンバー

一覧

「「世界はグローバル化などしていない」に反論する」の著者

琴坂 将広

琴坂 将広(ことさか・まさひろ)

立命館大学国際経営学科准教授

慶応義塾大学環境情報学部卒業。在学時、小売・ITの領域において3社を起業、4年間にわたり経営。マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て英オックスフォード大学で博士号取得(経営研究)。2013年から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「昔、SOMPOは保険会社だったらしい」と言われたい。

桜田 謙悟 SOMPOホールディングス グループCEO社長