• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

地図にもカーナビにもない路傍の寺

世界遺産の地で起きる「平成の法難」(上)

2014年12月10日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

島根県・沖泊の港から銀が運ばれていった

 その昔、「銀の道」と呼ばれた街道がある。

 世界文化遺産に指定されている石見銀山(島根県)から掘り出された銀を日本海側へと運び出した総延長8.8kmの山間ルートである。

 銀の積み出し港として中世、賑わったのが大田市温泉津沖泊(ゆのつおきどまり)だ。銀の道の最終地点である。沖泊の港はリアス式の入り江となっており、深度もあって波が静かなことから、大型の船の停泊が可能だった。そのため江戸時代には、北前船の寄港地になった。

 かつて沖泊集落には回船問屋が立ち並び、今にその風情を伝えている。現在、最も古い家屋は築300年ほどが経過しているという。

銀で栄えた集落は6人の高齢者だけに

 しかし、集落を貫く銀の道を歩いてみると、その華麗なる時代は夢の跡、という印象だ。家屋の多くは空き家状態であることが分かる。ほぼ原形を留めない土蔵の痕跡も確認できる。

 現在、沖泊集落の住民はわずか5世帯、6人の高齢者のみ。つまり、1世帯を除いて全てが独居老人世帯ということになる。最高齢は97歳だという。このままではいずれ消滅へと向かう運命にある限界集落の典型と言える。

銀の道とは別にある手掘りのトンネルを抜けて沖泊に入る

コメント2

「宗教崩壊」のバックナンバー

一覧

「地図にもカーナビにもない路傍の寺」の著者

鵜飼 秀徳

鵜飼 秀徳(うかい・ひでのり)

日経おとなのOFF副編集長、浄土宗僧侶

京都市景観市民会議委員(2016年)、佛教文化学会会員。 1974年生まれ。成城大学文芸学部卒業後、報知新聞社へ入社。2005年日経BP社に入社。日経ビジネス記者などを歴任。2016年4月より日経おとなのOFF副編集長。浄土宗僧侶の顔も持つ。正覚寺副住職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

環境の変化にきちんと対応して、本来提供すべき信頼されるサービスを持続できる環境を作り出さなければならない。

ヤマトホールディングス社長 山内 雅喜氏