• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「大企業にイノベーションは起こせない」は間違い

IDEOのCEO、語る(1)

  • 三橋ゆか里

バックナンバー

2014年12月8日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「デザイン」は経営や新規事業の開発にも役立つ――こうした考え方が日本企業でも浸透してきた。そんな中、「デザイン思考」の先駆者であるアメリカのデザイン・コンサルティング会社「IDEO」のCEO(最高経営責任者)、ティム・ブラウン氏が来日し、慶応義塾大学にて講演を行った。聞き手は、慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科の委員長、稲蔭正彦氏だ。

稲蔭:昨今、重要なビジネス上の課題や社会の問題を解決するために、「クリエイティブな力」の重要性は増す一方です。地理的な国境や、教育とビジネスとの間にある垣根などを越えて、クリエイティブな力の可能性を模索する動きが活発になってきています。その結果、デザインにかかわる人たちだけでなく、社会全体において「デザイン思考」への注目が高まっていますね。

「デザイン思考」を提唱するデザイン・コンサルティング会社、米IDEOのCEO、ティム・ブラウン氏。1987年にビル・モグリッジ率いるデザイン会社ID Twoに入社。1991年、三社合併によりIDEOとなった後は、サービス・インタラクション・エクスペリエンスのデザインに関わり、同社のヨーロッパ部門を統括。創業者のデイヴィッド・ケリーから2001年にCEOを引き継ぐ。

ブラウン:まず、本題に入る前に、今日、こうして皆さんとこの場を共有できることを嬉しく思います。前回の来日から2、3年が経ちますが、また東京に帰ってくることができて嬉しいです。東京は、私にとって世界でも最もインスピレーションに溢れた都市の1つですから。

稲蔭:では、さっそく本題です。デザイン思考は、日本でも非常に注目されており、多くの企業や個人がデザイン思考のアプローチを実際に活用しています。ティム・ブラウンさんがCEOを務めるアメリカのデザイン・コンサルティング会社「IDEO」は、このデザイン思考の方法論を確立したことで知られています。

 デザイン思考を活用して商品やサービスを作る時は、アイディアを付箋に書いて壁に貼り付けたり、ブレインストーミングを行ったりすることがよくあります。でも、デザイン思考とはそういったことだけではありませんよね。IDEOではデザイン思考をどのように考えていますか?

デザイン思考とは「疑問」を突き詰めるためのもの

デザイン思考を提唱するIDEOの創業者兄弟、デイヴィド・ケリーとトム・ケリーによる著書『クリエイティブ・マインドセット

ブラウン:私たちにとってデザイン思考とは、「デザイナーや創造性豊かな人たちが、直感的に行っているデザインの行為を総称するもの」です。デザイナーは常に好奇心を持っています。人はなぜ、AではなくBを好むのか。自分たちはなぜ、あのとき違うやり方を思いつかなかったのか。世の中はどうして、こういう仕組みになっているのか。こうした好奇心が「疑問」に変わり、その疑問を突き詰めるために、絵を描いたり、ブレインストーミングしたり、ワークショップをしたりといったプロセスを通じて、アイディアを探るのです。疑問を持ち、発見し、探求し、定義することで、ソリューションを見つけていく。そうした過程を経ることで、集めたデータや情報をアクションに変えることができます。

コメント1件コメント/レビュー

齢を重ねたがこのテーマに今一度思い返す。イノベーションが起こせるか起こせないか、正しいか間違いかは判らない。自分なりにいろいろ考えることは自由であって、何よりデザインは大切。時に気宇壮大に、時に内気でちっちゃな思いの様々なデザインが去来、自分のデザイン通り、或いはほんの少し修正してでも形に仕上げたりメディアの企画として成就できていたら等、最早かなわぬ夢の世界を遊ぶ。形で表すものの分野で代表格の建築世界では土木、設計、施工、資材と関連部門を並べて大切なものの順を問うたり、演出に代表される雲をつかむような企画世界で原作、役者、舞台、演出に必要欠くべからざるものは何などの問いに正解はない。コラボレーションのための共通言語とは至言だ。折から外に選挙活動の拡声が聞こえるが、党名はあるがデザインのされ方やこれからどうする、どうなるのかがなく、自己満足に過ぎないのではの疑問やその優位性とほんの一寸の違いの差異を誇示する名ばかりだ。デザインすることが現実の社会で一番偉い、最優先される時、人は真に幸せを感じるのではないだろうか。(2014/12/08)

「日本企業はクリエイティブになれるのか?」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

齢を重ねたがこのテーマに今一度思い返す。イノベーションが起こせるか起こせないか、正しいか間違いかは判らない。自分なりにいろいろ考えることは自由であって、何よりデザインは大切。時に気宇壮大に、時に内気でちっちゃな思いの様々なデザインが去来、自分のデザイン通り、或いはほんの少し修正してでも形に仕上げたりメディアの企画として成就できていたら等、最早かなわぬ夢の世界を遊ぶ。形で表すものの分野で代表格の建築世界では土木、設計、施工、資材と関連部門を並べて大切なものの順を問うたり、演出に代表される雲をつかむような企画世界で原作、役者、舞台、演出に必要欠くべからざるものは何などの問いに正解はない。コラボレーションのための共通言語とは至言だ。折から外に選挙活動の拡声が聞こえるが、党名はあるがデザインのされ方やこれからどうする、どうなるのかがなく、自己満足に過ぎないのではの疑問やその優位性とほんの一寸の違いの差異を誇示する名ばかりだ。デザインすることが現実の社会で一番偉い、最優先される時、人は真に幸せを感じるのではないだろうか。(2014/12/08)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長