• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

『駅 STATION』 衝撃のラストシーン

  • 二村 高史

バックナンバー

2014年12月19日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 このたび『鉄道黄金時代 1970's ディスカバー・ジャパン・メモリーズ』という本を刊行しました。

 戦後の高度成長がピークを迎えた1970年代は、大阪で万国博覧会が開催され、国鉄のディスカバー・ジャパンのキャンペーンが一世を風靡し、日本の鉄道が黄金時代の最後の光を放っていた10年間です。私はそのころ、姿を消しつつあった蒸気機関車を追い、国鉄や私鉄のローカル線を乗り歩き、森林鉄道やトロッコを探し求めて日本中をさまよっていました。その記録をまとめたのがこの本です。

 その本の追い込みの最中に、高倉健さんが亡くなったというニュースが飛び込んできました。「そういえば、健さんの映画には鉄道がよく出てくるんだよなあ」と感慨にふけっていると、編集担当者から「健さんの映画に登場する鉄道シーンの解説コラムを書きませんか?」という提案が。

 ところが、よく考えたら、健さんの映画は1本もまともに見たことがない。そこでアマゾンで何本かのDVDを注文して、ひたすらパソコンで隅から隅まで鑑賞することになりました。すると、驚いたことに、本に収録した写真の撮影地と重なる鉄道シーンが、あちこちに登場しているではありませんか。ストーリーの展開よりも、バックに映る駅や車両に目がくぎづけになることもしばしば! そうした撮影地の1970年代の写真とともに、健さんの映画に登場する鉄道について解説していきましょう。

鉄道ファンは目が離せない名作

駅 STATION』1981年公開

 まずは『駅 STATION』(1981年公開)。北海道のあちこちの駅や車両が登場して、鉄道ファンにとって目が離せない名作といってよいでしょう。

 映画の舞台は、留萠本線の終着駅、増毛。留萠本線は、函館本線の深川から留萠を経由して増毛まで70km弱の路線です。このうち、留萠~増毛は日本海に沿って走る風光明媚な路線ですが、本線とは名ばかりで、現在では平日6往復半という超ローカル線です。

増毛駅の車止
増毛駅の駅舎

 私が増毛駅に降り立ったのは、映画が公開される2年前の1979年8月。この映画の公開が1981年なので、ちょうど撮影がはじまったころかもしれません。しかも、映画の後半は1979年の年末という設定ですから、まさに私が訪れた年でした。

コメント3件コメント/レビュー

夏のツーリングで231を走るし、母が厚田の出身なので石狩橋と231が開通する前の話を散々聞かされたけど、今そっちを走っても全然想像ができない。「向こう側」だった国稀酒造の方に話を聞いて、「陸の孤島」だったことを初めて知りましたし。(2014/12/19)

「高倉健の名作×鉄道マニア」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

夏のツーリングで231を走るし、母が厚田の出身なので石狩橋と231が開通する前の話を散々聞かされたけど、今そっちを走っても全然想像ができない。「向こう側」だった国稀酒造の方に話を聞いて、「陸の孤島」だったことを初めて知りましたし。(2014/12/19)

私も雄冬に行く船に乗った経験があるので、懐かしく読ませていただきました。もう廃止になったのですね。(2014/12/19)

映画とそれに絡んだローカル線の解説、面白いですね。数年前に増毛を訪れたことが有るのでなつかしく、今度は映画をみてから行ってみたいと思いました。(2014/12/19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授