• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「戒名」が重複、「布施」が減額

被災寺院の復興、道険し

2014年12月25日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 東日本大震災で被災した寺院が窮地だ。寺の再建の前に「政教分離の原則」が立ちはだかり、資金調達に支障をきたしている。「戒名」が重複したり、非常時に定めた低額の「布施」の相場がいまだに「元に」戻らないなどの混乱状態が続き、寺院経営を圧迫している。岩手県・陸前高田の現場を回った。
土壌をかさ上げするために設置されたベルトコンベア

 津波に飲み込まれた街はあれから4年近くが経ち、街全体が巨大工場と化していた。

 岩手県・陸前高田市。今、かの復興のシンボル、「奇跡の1本松」を目視することが難しくなっている。

 訪れた2014年10月、市内の居住地を最大12.5mかさ上げする工事の真っ最中だった。周辺の山を切り崩して土砂を運ぶために、総延長3kmのベルトコンベアが高所に張り巡らされている。

 大型トラックが絶え間なく走り回り、轟音が響き渡る。あたかもSF映画に出てきそうな光景が広がっていた。

 2011年3月11日、押し寄せた津波は市の西側を流れる気仙川に沿って7km以上も遡上。沿岸に甚大な被害を与えた。その気仙川沿いに車を走らせると、山の斜面に立派な寺の屋根が見えてきた。地図上では、龍泉寺(曹洞宗)とある。

破壊された龍泉寺

 縁起によれば龍泉寺の開山は1315年(正和4年)で、元は市内の別の場所(旧矢作村)にあった。ところが寛文年間(1661年~1672年)に起きた山津波(土石流)によって寺が破壊されたことで、現在の高台に移転したという。

 陸前高田市の震災前の地図を見れば、古い社寺はいずれも海抜10m以上の山手に集まって建てられているのが分かる。『岩手県災異年表』によると、岩手県沿岸部は、869年(貞観11年)に発生した大地震以降、幕末までの間で計8回の津波に見舞われている。

 このことから、当地の社寺は災害を避けるように自ずと「安全地帯」へと移転が繰り返され、現在の位置関係になったと推定できる。確かに多くの宗教施設は、沿岸部を避けるように点在している。

 では今回の大震災でも、陸前高田市内の寺や神社は、大津波から逃れることができたのだろうか。

コメント9

「宗教崩壊」のバックナンバー

一覧

「「戒名」が重複、「布施」が減額」の著者

鵜飼 秀徳

鵜飼 秀徳(うかい・ひでのり)

日経おとなのOFF副編集長、浄土宗僧侶

京都市景観市民会議委員(2016年)、佛教文化学会会員。 1974年生まれ。成城大学文芸学部卒業後、報知新聞社へ入社。2005年日経BP社に入社。日経ビジネス記者などを歴任。2016年4月より日経おとなのOFF副編集長。浄土宗僧侶の顔も持つ。正覚寺副住職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップの身の丈が組織の限界を作る。

多田 荘一郎 GEヘルスケア・ジャパン社長兼CEO