• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

農をこの手に取りもどせ

「10平米の宇宙」から始まる革命

2015年1月9日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「ニッポン農業生き残りのヒント」というタイトルが示すように、この連載は「農業が危機的状況にある」という問題意識から出発した。たしかに高齢農家の引退と耕作放棄の増大というあまりに聞き慣れた危機が進行しているが、では農業を救うのは農家だけの役割だろうか。そんな観点から2015年をスタートしたい。

 今回取り上げるのは、東京湾を目と鼻の先にのぞむ「江東区夢の島区民農園」だ。畑の土の間からところどころ銀色の霜がのぞく寒さのなか、68歳の重田道秋が70年代のフォークソングをイヤホンで聴きながら、京芋を掘っていた。

職人気質の68歳、野菜好きになった子どもたち

職人気質で野菜をつくる重田道秋さん(夢の島区民農園)

 重田はかつて義足をつくる仕事をしていた。部品をパートが組み立てるような最近の義足とは違い、相手の足の形に合わせ手作りで仕上げてきた。野菜づくりを始めたのは約30年前。「病院の先生や患者からいろいろ言われてストレスの多い仕事だった。それで、土をいじりたくなった」。

 仕事は60歳でやめた。いまも毎朝、「仕事に行ってくるよ」と言って家を出るが、向かう先は新たな“職場”の区民農園だ。10平方メートルの小さな区画には京芋のほかに日野蕪や水菜、春菊、ブロッコリーなどの野菜が植わっていた。「ほかの人のやり方を見て盗む。奥深いですよ」。義足をつくっていたときと同じ職人気質で、野菜に向き合う。

 べつの区画では、東京都の職員の男性が3人の子どもを連れて来ていた。「今日の作業は何ですか」「大根とニンジンの収穫」。そんなやりとりをしていると、10歳の息子が手のひらに乗せたコガネムシの幼虫を見せにきた。「最初は怖がっていたけど、いまはすっかり慣れたようです」。5歳の娘はじょうろで熱心に水をまいている。

コメント5件コメント/レビュー

ロシアでは多くの人がダーチャといわれる家庭菜園をしている。だから、ロシアは経済危機になったときでも飢餓にならずに乗り越えられた。日本も家庭菜園を広げることが農の問題解決の一つの手段になり、しかも人間らしい生き方をして幸福感につながるように思える。(2015/01/10)

「ニッポン農業生き残りのヒント」のバックナンバー

一覧

「農をこの手に取りもどせ」の著者

吉田 忠則

吉田 忠則(よしだ・ただのり)

日本経済新聞社編集委員

1989年京大卒、同年日本経済新聞社入社。流通、農政、行政改革、保険会社、中国経済などの取材を経て2007年より現職。2003年に「生保予定利率下げ問題」の一連の報道で新聞協会賞受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ロシアでは多くの人がダーチャといわれる家庭菜園をしている。だから、ロシアは経済危機になったときでも飢餓にならずに乗り越えられた。日本も家庭菜園を広げることが農の問題解決の一つの手段になり、しかも人間らしい生き方をして幸福感につながるように思える。(2015/01/10)

家が農家でないので米作りなどできないとあきらめていましたが、昨年初めて米作りの体験をしましたました。耕作放棄地の水田を借りて仲間を募り自然栽培で2反5畝の面積を耕作しました。農家の方に指導を受けながら取り組んだところ、秋には10俵弱の収穫がありました。機械作業は農家の方にお願いして作業料を支払いましたが収支は黒字となりました。ビギナーズラックもあるでしょうが予想したよりかなり簡単に労力もかからず栽培できました、家庭菜園の方がはるかに労力が必要です、兼業農家とはこのようなものかなと感じました。今年も両脇の耕作放棄地も借りて規模を増やす計画です。(2015/01/09)

私の実家は山間僻地の狭い耕地で自給自足の生活をしていた。漁村に作物を運んで物々交換のようにして魚類を手に入れ、換金作物で現金を手に入れるという生活だった。私たち子供らを含め、近隣の子供たちも集落から出ていった。誰も農業には魅力を感じなかったのだろう。しかし山間僻地での生活は、食の安全と生命の維持が確保されていた。おまけに住人は健康であり長寿でもある。これはかなり大きな魅力だ。(2015/01/09)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長