• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

2015年、攻勢に出るトヨタとホンダ

新型プリウスと軽スポーツカーに注目

2015年1月6日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

トヨタ自動車の現行型「プリウス」

 皆様、あけましておめでとうございます。昨年は当コラムをご愛読いただき、ありがとうございました。今年も読者の皆様にとって佳い年になりますように。引き続き、本コラムをよろしくお願い致します。

 さて、年が明けて1回めとなる今回は、2015年の自動車業界の話題を占ってみたい。2015年は、様々な意味で、トヨタ自動車とホンダの攻勢が目立つ年になりそうだ。まずトヨタの最大のトピックは、秋に予定されているといわれる「プリウス」の全面改良だろう。それは単に、「アクア」(トヨタ)、「フィット」(ホンダ)に次ぐ日本で3番目に売れているクルマの全面改良だからということだけではない。

ハイブリッドシステムはどう進化するか

 第一の注目点は、これまで3代のプリウスが採用してきたハイブリッドシステムの構成を全面的に変更すると予想されることだ。トヨタは、すべてのハイブリッド車で、基本的にプリウスと共通の構成のシステムを採用している。プリウスのハイブリッドシステムを全面的に刷新するということは、今後のトヨタ全体のハイブリッドシステムが刷新されることを意味する。

 これまでプリウスが採用してきたハイブリッドシステム「THS(トヨタ・ハイブリッド・システム)」は、エンジンの駆動力とモータによる駆動力を遊星歯車機構により合成して駆動輪に伝える仕組みだ。通常のガソリンエンジン車のような変速機を持たず、エンジンとモータの駆動力の比率を遊星歯車機構で変えることにより変速する。

 THSは、独立した変速機を持たないシンプルな機構にできるのが特徴だが、高速走行時にはモータの駆動力の比率を高めなければならないという課題があった。モータを駆動する電力は、エンジンで発電機を駆動することで生み出しているが、エンジンで発電するとき、およびモータで駆動力を生み出す時の2段階で損失が発生するため、エンジンで直接駆動輪を駆動するよりも効率が低い。

 中低速域はエンジンの効率が低い運転領域であるため、この損失を考慮しても、エンジンで発電機を回して、生み出した電力でモータで駆動したほうが効率的だが、高速走行時はエンジンの熱効率が高いので、エンジンで駆動輪を直接駆動したほうが燃費が良くなる。また、高速走行時にはモータの駆動力の比率が高まるので、モータ自体の出力を高めなければならないという課題もあった。実際、プリウスには出力73kWの1.8Lエンジンに、出力60kWのモータが組み合わされているのだ。

世界の完成車メーカーが開発を競う「自動運転」。しかし、それがもたらすのは、単にラクで安全なドライブの実現だけではありません。人々がクルマを買わなくなり、電気無人タクシーが街を走り回り、無人トラックが物流を担う、そんな「見たこともない未来」へとつながる可能性があるのです。
自動運転技術がもたらす未来を描く 「自動運転 ライフスタイルから電気自動車まで、すべてを変える破壊的イノベーション」 好評発売中です。

コメント7件コメント/レビュー

ただでさえ複雑なトヨタのハイブリッドをもっと複雑にするのか?シンプル イズ ザ ベスト。わたしはホンダの方を評価する。HVとは結局、ガソリン自動車であり、燃費向上のために電池が付いているのだから、電池は軽くシンプルなほうがいい。ホンダのHVはその考えだった。日本人は数字に惑わされ、乗り味よりも燃費の数字で評価したので、トヨタに負けた。HVの次はPHEVだ。電気自動車の航続距離を伸ばすために、エンジンをつけるという考えだ。したがって、今度はエンジンを小型化する必要がある。その考えはドイツ車のほうがきちんとしている。わたしは小型化できるロータリーをPHEVにすると良いと思うので、マツダに期待している。最後にHVで、今以上の燃費を追求するなら、単にディーゼル エンジンをHVにすればいいと思う。ホンダに期待したい。(2015/01/09)

「クルマのうんテク」のバックナンバー

一覧

「2015年、攻勢に出るトヨタとホンダ」の著者

鶴原 吉郎

鶴原 吉郎(つるはら・よしろう)

オートインサイト代表

1985年日経マグロウヒル社(現日経BP社)入社、2004年に自動車技術の専門情報誌の創刊を担当。編集長として約10年にわたって、同誌の編集に従事。2014年4月に独立、オートインサイトを設立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ただでさえ複雑なトヨタのハイブリッドをもっと複雑にするのか?シンプル イズ ザ ベスト。わたしはホンダの方を評価する。HVとは結局、ガソリン自動車であり、燃費向上のために電池が付いているのだから、電池は軽くシンプルなほうがいい。ホンダのHVはその考えだった。日本人は数字に惑わされ、乗り味よりも燃費の数字で評価したので、トヨタに負けた。HVの次はPHEVだ。電気自動車の航続距離を伸ばすために、エンジンをつけるという考えだ。したがって、今度はエンジンを小型化する必要がある。その考えはドイツ車のほうがきちんとしている。わたしは小型化できるロータリーをPHEVにすると良いと思うので、マツダに期待している。最後にHVで、今以上の燃費を追求するなら、単にディーゼル エンジンをHVにすればいいと思う。ホンダに期待したい。(2015/01/09)

トヨタ式HVの弱点である高速高出力時にエンジン活用を目指す方向性という記事のようですが、足回りを高速性能にするのかどうかが見てのお楽しみです。トヨタは販売が強いから、「誰でもわかる燃費などの数値」を良くして、足回りなどの「数値化できない性能」は落として販売と利益を上乗せしたきたが、高速性能を上げるのなら足回りや車体剛性など宣伝しにくい部分にもコストを掛けないと、レクサスは良いがトヨタはダメと言われ続けます。(2015/01/06)

安全の鎖は弱いところから切れる。果たしてグローバル基準で大丈夫でしょうか?(2015/01/06)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長