• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

お酒とタバコとゴルフ――三種の神器がなくてもやっていける?

3つのポイントを押さえれば情報は集められる

2015年1月19日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 昔から、「お酒の席、タバコ部屋、ゴルフで仕事は決まる」と言われています。このコラムを読んでいただいている女性管理職で、タバコもゴルフもしない方は多いのではないでしょうか。また、ご家庭の事情で、夜の飲み会の出席が難しい方も少なくないのではないでしょうか。

 お酒とタバコとゴルフの席では、部署や役職の垣根を越え“相談”が流通しています。それらをたしなまない人にとっては、仕事上マイナスになると感じている人もいるようです。

 社内通ではなかった私の元部下(女性)は、いろんな人に相談し、数カ月悩んだ末、周囲の女性陣から「将来子供が欲しいと思った時にマイナスになるから考え直したほうがいい」というアドバイスをよそに、「私はタバコを吸うことにします!」と宣言。そして、タバコ部屋デビュー。念願の「オープンコミュニケーション」を手に入れたはずだったのですが、「噂話には詳しくなったかもしれないんですが、なんかちょっと違うんです」と再び悩んでいました。

 かくいう私も、社内外で有名な嫌煙家で、タバコ部屋に足を踏み入れる気はなかったのですが、10年ほど前の30代前半の頃には、「このままではまずい?」と気にした時期もありました。お酒とタバコはセットのことが多いので、お酒が必須なお客様のプロジェクト・メンバーを募集した際、人材募集要項の求めるスキル欄に「酒量ざる以上で喫煙者」と書いて、人事に怒られたりしました。

 そんな私を見た先輩(男性)から、「ゆかりちゃん、ゴルフなら自分の努力でもできるでしょ」と言われ、先輩おススメのゴルフスクールに通うこと2年。コースデビューもしましたが、悲しいほど運動音痴で、スコアで200を切ることができずに、先輩から「お前、努力の方向が違うんじゃない?」と言われて、ゴルフは断念しました。

 そんな時期を過ごしても、社内情報はちゃんと集まってきているし、自分自身が困ることはありませんでした。私の場合、飲みに行くことはしばしばありますが、ここ数年は、海外出張が多くなり、若いころほど飲みに行けなくなりましたが、やはり情報には困っていません。

 お酒、タバコ、ゴルフなどをたしなまないと情報が入ってこない、などということはありません。ただ、漫然と日々すごしていて、勝手に情報が入ってくるなどということもありません。「情報が集まる人」にはそれなりの理由があるのです。

 そこで、今回は、タバコもゴルフもしない。お酒を飲みに行く回数も少ない。そんな人でも、社内情報通になるための考え方をご紹介します。年末から年明けにかけて、忘年会や新年会が多く開催されたと思いますが、そこに出席できなかった、あるいはイヤイヤ出席していた人はぜひお読みいただければと思います。

コメント3件コメント/レビュー

ぶらぶらコミュニケーション 良いと思いますが、女性社員同士だけで行うのではなく、男女隔てなく行えるかどうかがポイントですね。オフィス内で女性社員ばかりで頻繁にこれをやられた日には、席を外せないデスクワークの男性社員は落ち着きませんし、下手をすると、ま~た サボりに来ていると受け止められかねません。その誤解を避ける上でも、普段から職務以上に仕事をしているのか は、とても重要になってくると思います。(2015/01/19)

「秋山ゆかりの女性キャリアアップ論」のバックナンバー

一覧

「お酒とタバコとゴルフ――三種の神器がなくてもやっていける?」の著者

秋山 ゆかり

秋山 ゆかり(あきやま・ゆかり)

事業開発コンサルタント・声楽家

ボストン・コンサルティング・グループの戦略コンサルタントを務めた後、GE Internationalの戦略・事業開発本部長、日本IBMの事業開発部長などを歴任。コンサートのプロデュースや演奏も行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ぶらぶらコミュニケーション 良いと思いますが、女性社員同士だけで行うのではなく、男女隔てなく行えるかどうかがポイントですね。オフィス内で女性社員ばかりで頻繁にこれをやられた日には、席を外せないデスクワークの男性社員は落ち着きませんし、下手をすると、ま~た サボりに来ていると受け止められかねません。その誤解を避ける上でも、普段から職務以上に仕事をしているのか は、とても重要になってくると思います。(2015/01/19)

自分は今、管理職ですが、酒、タバコ、ゴルフ、麻雀などやりません。特に出世したいとも思っていなかったので、役職をいわれた時には、つきあいも悪く仕事でもほとんど自分の意見をいわないのに何故自分が?と思ったものです。あとで耳に入ってきた理由は「現場の苦情や不満の話に最後までつきあってくれる」「普段意見を言わないが、尋ねると客観的な意見を理由付きで返してくれる」といったものでした。組織を動かしていくのに、自分の話をするよりより多くの人の話をきくこと、全体をみわたせる俯瞰的視野をもつこと、判断を下すときに感情やしがらみにとらわれず本質を見誤らないことが必要だと痛感します。(2015/01/19)

これは男性社員でも当てはまることですね。でも、今日の若手社員は男でもかつて三種の神器と言われた酒、ゴルフ、麻雀をしない人は増えています。上司から飲みに誘われても断る時代ですからね。かく言う私も共働きで子育てに注力するためにゴルフ、麻雀を断ち飲み会も取捨選択の帰宅男子です。それじゃ困っているかというと、まず第一にオフでの情報はそんなに価値があるかということ。特に部内情報は少々早く知って事情通を気取るだけでどういうこともない。むしろ仕事をキチンとやって周囲から重宝がられれば自ずと情報が集まります。それとネット時代で気をつけたいのは、何もかもメールで済ませないこと。面倒がらずに直接相手に赴いての会話を心がけると雑談の中でも様々な情報が入ってくるし周囲の人にも自分の存在をアピールできて一石二鳥です。(2015/01/19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長