• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「社内伝道師」育成するヤフー、全社を挙げて新サービス創造へ

  • 日経デザイン編集部

バックナンバー

2015年1月21日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

“ユーザーファースト”を表明するヤフーは、社内教育の一環としてデザイン・シンキングのトレーニングを実施中だ。社内の各部門でデザイン・シンキングを推進するコアメンバーを育成し、新しいネットサービスを開発する際はデザイン・シンキングの考え方で進めている。タブレットを使った新ビジネスなど、既に多くの実績が出てきている。

POSレジ代わりになる使いやすい専用タブレットを加盟店に貸与することで、Tポイントの拡大につなげる。タブレットなのでPOSレジより設置面積が小さい

 全社を挙げてデザイン・シンキングによる新しいネットサービスの創造に取り組んでいる企業の1つがヤフーである。2013年夏から希望者に向けてデザイン・シンキングのワークショップを開催し、社内の各部門でデザイン・シンキングを推進するコアメンバーを育成している。社内で新しいネットサービスを開発する際には、コアメンバーがデザイン・シンキングの導入をサポート。開発中の案件や実際に稼働したネットサービスなど、既に10 件ほどのプロジェクトでデザイン・シンキングを活用している。

 「デザイン・シンキングを“ユーザーファーストで問題を解決するための思考法” とヤフーでは位置付けている。自分たちのモノ作りのあり方を見直し、ユーザーに新しい価値を提供できるようにしたい」とヤフーでデザイン・シンキングを推進するマーケティングソリューションカンパニー開発本部エクスペリエンスデザイン部UXデザインの瀧知恵美・リーダーは言う。ヤフーでは米スタンフォード大学の「d.school」の手法をベースにしており、デザイン思考研究所の研修なども取り入れている。

社内にエバンジェリストを育てる

 ワークショップは毎月1 回、参加希望者を募って実施。毎回、6人を1グループとして合計24人ほどが2日間かけて参加する。社内にデザイン・シンキングのエバンジェリスト(社内伝道師)を育成し、各部門にデザイン・シンキングの手法を広げていくためだ。

 ワークショップでは、まずインタビュー研修を行っている。デザイン・シンキングではフィールド観察など、ユーザーの状況を詳細に探ることが起点であり、非常に重要になるためだ。

 そこで2人が1組になり、例えばビジネス上の互いの体験などを聞き出していく。そうしてインタビューで出てきた様々な気付きやニーズが、課題となって顕在化する。例えば「タブレット用の新しいネットサービスが求められている」といった具合だ。出てきた課題に対し、各グループで解決方法を考える。「発想の創出」の段階である。ブレーンストーミングの手法を取り入れたりして課題解決のためのアイデアをメンバーで出し合い、有効性などからアイデアを分類していく。アイデアを基にさらに議論を重ねていき、問題解決に向けた最適な方策を考える。

コメント0

「デザイン・シンキング元年2015」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師